ニュース

ニューヨークは忘れて、アマゾンはHQ2の金額をジョージア州の地方部に投資すべき

Pocket

ジョージア州トゥームボロの小さな町が売りに出されており、170万ドルというその定価がカリフォルニア州サンフランシスコ湾岸部の戸建て住宅の価格に相当することを指摘した記事が発表されて以来注目を集めています。アマゾンがニューヨーク市から追い出された後、もう半分の第2本社(HQ2)の計画を延期したことを考慮すると、ジェフ・ベゾスと会社は開発が最も必要とされている場所、すなわちアメリカ地方部での仕事に投資できるこの機会を捉えるべきです。

 

サンフランシスコの一軒家の価値はジョージア州地方部の町全体に相当する

第一に、サンフランシスコの一軒家の平均価格は、Zillowによると170万ドルではなく130万ドルです。つまり、話題にしているのは全世界で最も高級なエリアの平均より更に20%高い家のことです。それでも、カリフォルニア州における一軒家の平均価格と、ジョージア州における34エーカーの町全体の価格に少しの違いしかないことは衝撃です。

 

これは、アメリカがいかに急速に都会化しているかを示すのにうってつけの例です。お金や投資はすべて大都市に流れ込み、若くて教育を受けた労働者は小さな故郷を去ってより良い生活を求め、地方は活気を失っていきます。大都市と比較して、所得と住宅価格は明らかに下がっています。この変化はアメリカだけに限られたものではなく、イギリスにおける地域ごとの収入を比較した最近の調査では、驚くことに25%もの違いがありました。

 

ニューヨークからの脱出はアマゾンがHQ2を正す第2のチャンス

HQ2をニューヨークに置くというアマゾンの判断は決して正しいものではありませんでしたが、それはAlexandria Ocasio-Cortezや地元の政治家たちが主張する理由からではありません。租税回避の事実やそれにまつわることとは何の関係もありません。

 

むしろ、ジェフ・ベゾスがアメリカ国内のたくさんの町の目の前にこのとてつもないニンジンをぶら下げた後でひったくったという事実に関係しています。雇用と収益の流入はそのような地域の経済的展望を永久に変質させるでしょう――いい方向に。オクラホマ州タルサのような中規模の町であっても、その影響はかなりのものだったと言えます。

 

大きな多国籍企業からの投資の不足が、トゥームボロのような町全体がサンフランシスコのベッドルームふたつ、バスルームひとつの家の販売価格よりも安く販売されてしまう理由です。

 

政治家がアメリカの地方部を無視するのは、そこにお金がないから

政治家は小企業や地方コミュニティの支援について話すことが好きですが、現実、それらのために何ら実践的なことは行っていません。このビデオが示すように、彼らは「小企業は我々の経済の支柱である」と言いはしますが、その通りの行動はしません。

 

https://youtu.be/00wQYmvfhn4

 

選出議員の大多数の行動の裏の推進力は、たいていの場合非常にシンプルなものです。彼らは企業から報酬を得てその企業の利益になるように行動するのです。もしトゥームボロのプロモーションビデオに映っている古いオペラハウスが2、300万ドルをロビー活動に費やすことができていれば、まだショーを開催できたかもしれません。それは全ての政治家が悪いという意味ではなく、お金は確固たる倫理基準をもゆがめてしまうという意味です。

 

アマゾンはHQ2のためのお金を使ってアメリカの「遅れた」田舎を結ぶオフィスのネットワークを形成するべき

そこで、提案します。アマゾンは新しい本社を大きな都市部の町にオープンする代わりに、地域オフィスのネットワークをオープンするのはどうでしょう。中心はアメリカ国内の、概して人口が減少しつつある地方部に置かれるでしょう。これは「頭脳流出」と、それに否応なく続くトゥームボロの悲劇へ対抗する手助けとなります。

 

断固たる保守派とリベラル派の両方が一様に「遅れた」アメリカについて不平を言う頻度ときたら、ひどいものです。郷土愛が強いとされている地方について、アメリカはその土地の大半――ならびにそこに住む人々――を、まさに嘲りに満ちた目で見ています。

 

米国南部の保守的な地方や中西部、西海岸に何度も住んだ経験のある者として私が言えることは、誰もが同じものを欲しがっているということです。給与の高い仕事、安全なコミュニティ、特定の誰かを夜デートに連れていける素敵な場所。

 

今こそ、遅れた田舎の不平を言うのをやめて、忘れられた経済が繁栄するよう解決に向けて動き始めるときです。それができるお金持ちはあなた、ベゾスさんです。そして、悪いニュースから一月後には、あなたの負債の中に人々の世代が永遠にあることになったでしょう。

 

この記事の翻訳元

Forget NYC: Amazon Should Invest HQ2 Money in Places Like Rural Georgia

Pocket

関連記事