ニュース

【連邦準備制度】ストレステストシナリオにビットコインクラッシュを追加する予定

Pocket

米国連邦準備制度理事会(FRB)は、暗号通貨市場の暴落を監督上のストレステストを実施する際に考慮に入れるべきリスクの1つとして追加される予定です。

 

28日(木)に連邦機関の理事会は、「ビットコイン市場の崩壊」が「顕著な」市場リスクの1つと考えられるかもしれないと、ストレステストのためのシナリオデザインフレームワークに関する方針声明への修正を発表しました。

 

適格企業の監督上のストレステストは、ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法および理事会のストレステスト規則に従って毎年行われます。

 

「ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法のストレステストは会社管理や企業経営者、取締役会や一般の人に前向きの情報を提供し、債権者および他の取引相手に対する義務を果たしながら貸付を続けながら、これらの大手銀行組織が損失を吸収する能力に対するストレスの多い状況の潜在的な影響を評価するのに役立ちます」と連邦準備制度理事会がテストする理由を説明しました。

 

理事会は「ベースライン」、「不利」、および「重度の不利」の3つのストレステストシナリオを作成し、企業のバランスシート、リスク加重資産(RWA)、純利益、結果として生じるストレス後の自己資本水準および規制資本を予測します。

 

木曜日に採用されたストレステスト方針の修正は4月1日から施行されます。

 

この記事の翻訳元

Federal Reserve May Add Bitcoin Crash to Stress Test Scenarios – CoinDesk

Pocket

関連記事