ニュース

【米国】ロードアイランド州がいくつかのブロックチェーントークンを証券法から免除する

Pocket

米国ロードアイランド州の議員はブロックチェーントークンを証券法から免除しようとしています。

 

 

しかし、免除は一定の条件下で提供されるべきであると議員が述べていました。まず、第一に、トークンの目的は、「消費目的」であり、「商品、サービス、またはコンテンツへのアクセス権を含む、商品、サービス、またはコンテンツの交換のためだけに提供されるか、それらに対してのみ提供される」ことです。

 

第二に、トークンの開発者や販売者はそれを金融投資商品として購入者に売るべきではありません。「販売時に利用可能な消費目的がトークンにない場合、トークンが消費目的で使用可能になるまで、トークンの最初の購入者はトークンを再販することができません。」

 

さらに、提案された法律では、オープンブロックチェーントークンを管理する個人はブローカーディーラーまたは証券取引を行う者として扱われるべきではありません。また、事前に「意思通知書の電子コピー」を提出しなければならなりません。

 

この法案では、オープンブロックチェーントークンを作成し、デジタル手帳に記録し、「仲介者や管理人がいなくても人と人の間で取引または譲渡できる」と定義しています。

 

コロラド州では、水曜日に同様の法案が州上院議員によって可決され、現在は州法院長からの署名を待っています。

 

この記事の翻訳元

US State Moves to Exempt Some Blockchain Tokens from Securities Rules – CoinDesk

Pocket

関連記事