ニュース

【日本】ソニー、富士通、ブロックチェーンで教育関連データを「改竄不可能」のことを目指す

Pocket

大手IT企業の二社が偽造できない教育記録を提供するためにブロックチェーンを使用予定しています。

 

ソニーグローバルエデュケーション、富士通株式会社と富士通研究所は、コース記録と試験成績の管理におけるブロックチェーン技術の有用性を評価するために実地試験を開始しました。また、留学生を対象とした教育機関であるヒューマンアカデミーもこのテストに協力しているとソニーが27日(水)に発表しました。

 

海外から日本へ留学する際に、日本語能力試験の合格と一定期間日本語を学ぶ必要がある。

 

留学生は、富士通のデジタルラーニングプラットフォーム「Fisdom」(フィズダム)にて株式会社エドベックが開講する「日本語検定対策講座(にほんごdojo)」を、来日前の外国人留学希望者が実際に受講する。成績等を含めた受講者ごとの学習履歴情報を証明書としてブロックチェーン上へ改ざん不可能なデータとして保存し、管理するとしている。

 

日本での外国人労働者や学生が増え続けています。そして多くの人は、就職や教育を受けるために、日本に来る前に日本に日本語の授業や試験の結果を提供しなければなりません。

 

しかしソニーは、留学生のコース結果を確認することは必ずしも容易ではないと述べました。

 

このニュースはソニーがブロックチェーンを教育に活用するという最新の取り組みを示しています。 2017年には、IBMと提携してブロックチェーンを使用して生徒の記録を保護し共有する新しい教育用プラットフォームを開発しました。

 

この記事の翻訳元

Sony, Fujitsu Aim to Make Educational Data ‘Unfalsifiable’ With Blockchain – CoinDesk

Pocket

関連記事