仮想通貨の基礎知識

いったい世界中に仮想通貨の種類は何種類あるのか、徹底調査!その数は100万を超える!?

Pocket

この記事をご覧の皆さんは、仮想通貨の種類をいくつ思い浮かべられますか? ビットコイン、イーサリアム、リップル、モネロ、モナコイン、ビットコインキャッシュ……、いわゆる「有名な通貨」でさえ、その数は十数種~数十種にも及びます。

では、この世界に存在する仮想通貨はいったいいくつなのでしょうか。100種類くらい?1000種類くらい?いやいや、1万を超えているのでしょうか?

まず初めに結論から言ってしまうと、仮想通貨の種類は世界中で数百万種類に及ぶと言われています。もちろんその中には上で述べたような有名通貨から、誰も見向きもしない通貨まで勢ぞろい。

それでは、なぜこれほどまでに仮想通貨の種類は多いのでしょうか? 今回は仮想通貨の種類の多さについて、その細かい内訳や理由について、徹底調査してみました!

「CoinMarketCap」に登録されているのはおよそ2000種類

まず初めに、仮想通貨の種類はいったいいくつなのか、もう少し詳しく見て行こうと思います。

今回最初に調査したのは、世界中の仮想通貨を取り纏めてランキング形式にしている、「CoinMarketCap」という仮想通貨ユーザー必見のサイト。すると、そこにはなんと「Cryptocurrencies: 2093」という文字が躍っていました。

つまり、今現在CoinMarketCapに登録されている仮想通貨はおよそ2000種類ということ。しかも、これは「現在その流通が確認されている通貨」のみを算出した数なのですから驚きです。

また、これらの仮想通貨の時価総額を累計すると、なんと1200億ドルにも及ぶのだとか。これは日本円にすると12兆円ほどになります。

ちなみに、東京スカイツリーの建設費用がおよそ400億円と言われていますので、もし世界中の仮想通貨を全て手に入れることが出来ればスカイツリーが300本建てられる計算になります。なんだか途方もない額ですね。

仮想通貨は世界中で数百万種類!?

しかし、ここで一つの疑問が生じます。CoinMarketCapに登録されている仮想通貨が「現在流通を確認しているもの」だけならば、実際世界中に存在する仮想通貨の種類はどのくらいになるのでしょうか?

その問いの答えは、日本仮想通貨交換業協会が2018年4月に公開している資料「仮想通貨取引についての現状報告」に書いてありました。なんとこの資料によれば、全世界に存在している仮想通貨は各種トークンを含めると、およそ数百万にも上ると言うのです!

なぜこんなに仮想通貨が多いのか?

ですが、当然数百万もの仮想通貨が世界で取引されているはずもなく、CoinMarketCapのデータからどんなに甘く見積もっても、せいぜい世界中で取引されている仮想通貨は1万種類が良いところ。

では、なぜこんなにも仮想通貨の種類が存在すると見られているのでしょうか。その答えのキーワードとなるのが、「仮想通貨プラットフォームの存在」、そして「トークン」です。

というのも、世の中にある仮想通貨プラットフォームの中には、ユーザーが手数料を払うことで独自のトークンを発行できるという機能を持ったものが存在するのです。これこそ、仮想通貨の種類の数が莫大なものとなっている理由だと言えるでしょう。

ちなみに「仮想通貨」と「トークン」の違いは、簡単に言ってしまえば「ブロックチェーンの基軸となるものか、そこから派生するものか」というもの(正確な説明は小難しくなるのでここでは省略します)。基軸となる通貨を作るのは難しいものの、派生のトークンを作るのは案外簡単に出来るのですね。

有名な仮想通貨プラットフォームとしては、「Counterparty(カウンターパーティー)」「Etherium(イーサリアム)」「Waves(ウェーブス)」などが挙げられます。これらのプラットフォームは、企業の資金調達(ICO)などにもよく用いられるのだとか。

それにしても、数百万という数には驚きですね。全世界ではおよそ50%の人々がインターネットにアクセス出来ると言いますから、だいたい数百人~千数百人のインターネットユーザーに1人くらいの割合で仮想通貨を作っている計算になります。

ちなみにこれは、サマージャンボで4等以上が当たる確率とだいたい同じくらい。こう言ってしまうと、案外数百万という数も、驚くべきものではないのかもしれません。

おわりに

今回は、仮想通貨の種類がどのくらい存在しているのかについて調査してみました。普段取引するような通貨の種類は限られていますが、実際には名もなき通貨がたくさんあるのだということをご理解頂けたでしょうか。

今では、(広義で言うところの)仮想通貨を自分で作れてしまうくらいに仮想通貨が普及し、浸透してきている時代になりました。皆さんも仮想通貨取引の合間に、ちょっとした遊びとして仮想通貨を作ってみてはいかがでしょうか?

Pocket

関連記事