アルトコイン

仮想通貨「GameCredits(ゲームクレジット)」とは?オンラインゲームをより便利にするGameCreditsの概要を徹底解説!

Pocket

皆さんは「GameCredits(ゲームクレジット)」という仮想通貨をご存知ですか? GameCreditsは単位「GAME」の仮想通貨で、その名の通りインターネット上におけるゲーム開発やプレイなどへの有効活用を目的に作られた仮想通貨です。

それでは、いったいこのGameCreditsにはどのような特徴があり、どのような利便性があるのでしょうか。本記事ではこういったGameCreditsの概要について、詳しくご紹介していきます!

GameCreditsとは?

それではまず初めに、GameCreditsの基本的な情報について簡単にご説明していこうと思います。

GameCreditsは、2014年9月にGameCredits Inc.によって公開された比較的古株の仮想通貨です。その名の通り、GameCreditsはオンラインゲーム中の決済取引などに用いられることが想定されています。

取引承認形態にはPoWを

ゲーム決済サービスには一般にAPIを公開していないものも多いですが、GameCredits はゲーム決済に使用されるAPIも公開されているため、ゲーム開発者にとって悩みの種の1つであったゲーム内通貨の決済などの問題を容易に解決できます。

さらに、GameCreditsが利用できるゲームストア「G Store」のリリースも決定しているなど、今後大きくGameCreditsは普及していくとされています。

通貨名:GameCredits(ゲームクレジット)
通貨単位:GAME
公開年月:2014年9月
発行上限枚数:8400万枚
公式サイト:https://gamecredits.com/
ホワイトペーパー:https://whitepaperdatabase.com/gamecredits-game-whitepaper/

GameCreditsの特徴

ゲーム開発者へのメリット

それでは、次にGameCreditsの特徴をいくつかピックアップしてご紹介していこうと思います。

GameCreditsについて大きく挙げられる特徴は、上でも少し触れた「オンラインゲームの決済手段として用いることが出来る」という点です。

オンラインゲームを開発するにあたって、最も気を使う部分の1つがゲーム内通貨への決済、いわゆる「課金」についての機能です。クレジットカードなどで決済してもらう際にはカード会社などへ申請を行うなどいろいろな作業が必要となり、あるいはセキュリティ面へも非常に気を付けなければなりません。

そこへこのGameCreditsを導入し、公開されているAPIを用いることで、決済に関するさまざまな問題を解決することが出来るのです。

ユーザーへのメリット

また、大きなユーザー面へのメリットとして、このGameCreditsを採用しているゲーム間であれば、購入したGameCreditsはどのゲームでも使用することが出来るということが挙げられるでしょう。

例えばAというゲーム内で購入したGameCreditsは、Bでも使うことが出来るのです。これによってゲーム内通貨を分散させず、一括で分かりやすく管理することが出来るでしょう。

実際、既にGameCreditsは「ファイナルファンタジー」シリーズなどへも対応しています。さらに、仮想通貨ショッピングサイト「Coinsen.com」でも使用が可能なため、他のゲームプラットフォームで使用できるギフト券なども購入が可能。

まだまだGameCreditsは開発が進むと言われており、その動向に注目が集まっています。

GameCreditsを手に入れるためには

現在GameCreditsを手に入れられる取引所は、「Poloniex」「Bittlex」「BitBay」「UPbit」など、全て海外の取引所のみ。残念ながら、まだ日本の仮想通貨取引所ではGameCreditsを取り扱っていません。

ですので、もしGameCreditsを使いたいと思った場合は日本の取引所でビットコインなどへ法定通貨を交換した後、海外の取引所でGAME/BTCなどの取引を行うこととなるでしょう。

おわりに

今回はGameCreditsについて、その特徴など概要をご説明しました。こういった特徴的な通貨が流通しているのも、仮想通貨ならではの醍醐味ですよね。

今後GameCreditsがどのように成長を遂げ、どのように普及していくのか。今後が楽しみな仮想通貨のひとつです。

Pocket

関連記事