アルトコイン

仮想通貨「Lisk」とは?今話題の「次世代のブロックチェーン技術」を徹底解説!

Pocket

皆さんは「Lisk」という仮想通貨をご存知でしょうか? 仮想通貨市場でも常に上位の時価総額を誇っているこの通貨は、採用されている技術を「次世代のブロックチェーン技術」と評され今非常に大きな話題となっているのです。

ではいったい、Liskに採用されているブロックチェーン技術は何が次世代なのでしょうか。また、しばしば比較対象として用いられるイーサリアムとは何が似ていて、何が違うのでしょうか?

今回はこのLiskについて、初心者の方にも分かりやすいように徹底解説していこうと思います!

Liskとは?

それでは初めに、仮想通貨「Lisk」とはいったいどのようなものなのか、ご説明していこうと思います。

まずこの記事をご覧になっている方に覚えておいていただきたいのは、Liskとは単なる仮想通貨ではなく、「分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォーム」であるということです。

つまり、もちろんLiskには仮想通貨やその取引を記録するためのブロックチェーンという側面も持ち合わされていますが、それと同時に世界中のアプリケーション開発を促進する巨大なプロジェクトでもあるということ。

ちなみにこの「分散型アプリケーション」とは、管理者や管理するための中央サーバーなどが無くとも稼働可能なアプリケーションのことです。

例えば現在、銀行のアプリケーションやSNSなどは中央集権的な管理サーバー、管理者を用いて稼働しているのは皆さんのご存知の通りでしょう(そして、今皆さんがご覧になっているこのサイトもひとつのサーバーで運営されています)。

それをこの分散型アプリケーションという仕組みを用いることで、なんと中央集権的な管理者がいなくても管理可能になるのです。この仕組みはDAppsなどとも呼ばれ、全世界で大きな注目を浴びているんですよ。

Liskの持つ次世代のブロックチェーン技術

さて、それでは次に本題に移っていきましょう。Liskにおいて今一番話題となっている、そしてそのプラットフォームの根幹を担う「次世代のブロックチェーン技術」とはいったいどのようなものなのでしょうか?

Liskが持つ技術のうち、特徴的なものは大きく分けて3つ。「独自の取引承認形態」「スマートコントラクト」「サイドチェーンの存在」です。

独自の取引承認形態「DPoS」

それでは、まず一つ目の「独自の取引承認形態」についてご説明しましょう。Liskは、他の通貨にはほとんど採用されていない「DPoS」という取引の承認形態をとっています。

これは、Liskユーザーから信頼されて選ばれた代表者(現在はおよそ100人)がLiskのブロックチェーンを監視し、取引の承認を行っていくという形態です。日本の選挙方式である間接民主制などがこれに近いものかもしれません。

これにより、新規でマイニングへと参加する敷居は高くなってしまうものの、51%攻撃(マイニングパワーの過半数を占められることでブロックチェーンを乗っ取られてしまう攻撃)などへのリスクが大幅に軽減されます。

イーサリアムとの共通点のひとつ、スマートコントラクト

次に、二つ目に挙げた「スマートコントラクト」についてです。これについては既にご存知の方も多いかもしれませんが、改めて簡単に説明していきましょう。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上に情報をあらかじめ記録しておくことで取引などを自動化出来る仕組みのことを指します。

この技術により、今後のIoT社会などにおいて仮想通貨の取引を自動化していき、更なる仮想通貨の普及を狙えると見られています。既にイーサリアムなどの仮想通貨でもこの仕組みは採用されていますね。

Liskならではの仕組み「サイドチェーン」

三つ目に挙げるのは、分散型アプリケーションを推進するLiskならではの仕組み「サイドチェーン」です。これは外部のアプリケーションからブロックチェーンを利用する際、メインのブロックチェーンではなく派生のブロックチェーンを使えるというもの。

これにより、メインのブロックチェーンをいくつものアプリケーションで占有せず、アプリケーションごとで同時並行の処理が可能となるため、高速なアプリケーションへの情報の受け渡しが可能となったのです。

おわりに

今回は、仮想通貨「Lisk」の持つ特徴的な技術に着目してLiskをご紹介して参りました。イーサリアムと似ている点も多いことから、よく混同して理解されることも多いLiskですが、実はたくさんの独特な特徴も持っているんですよ。

Liskは先日、大幅なアップデート「Lisk Core 1.0」をリリースし大きな注目を浴びたばかり。まだまだ開発が進むことも明言されており、その先進的なブロックチェーンを用いるアプリケーションは今後もっと増えていくことでしょう。

これからの発展がますます楽しみな仮想通貨のひとつですね。

Pocket

関連記事