仮想通貨の基礎知識

仮想通貨取引でよく見かける「板」とは?超初心者でも分かりやすい板の見方を徹底解説!

Pocket

皆さんは、仮想通貨取引をする際に「板」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

この「板」というものには、大きく分けて二つの意味があります。一つ目は大型掲示板「5ちゃんねる」にあるスレッド群「仮想通貨板」のこと。そして二つ目は今回ご紹介する、仮想通貨取引用語の「板」のことを指す場合です。

「板」という言葉は、仮想通貨取引のみならず他の為替取引や証券取引にも存在するもの。ということで、投資などに精通している方にとっては常識のようなものかもしれませんが、最近仮想通貨取引を始めた初心者の方には何のことを指しているのかさっぱり分かりませんよね。

今回は、そんな初心者の方向けに「板」とはいったいどのようなものなのかをご紹介していこうと思います。しっかり用語を理解して、正しい選択が出来るようになりましょう!

「板」は「取引所」にだけあるもの

それではさっそく、「板」についての説明を……と、その前にまず必要な知識として、「販売所」と「取引所」の違いを軽く抑えておきましょう。

これをご覧の皆さんは、仮想通貨を手に入れる手段として「販売所」を通す方法と「取引所」を通す方法があるのをご存知でしょうか。恐らく、「販売所なんて聞いたこともないよ!」という方もきっと多いはず。

というのも、「販売所」は主に対企業向け(もしくは対取引所向け)の、「取引所」は主に対個人向けの仮想通貨取引を行っているからです。

「販売所」は、基本的に多くの仮想通貨を手に入れるために用いられます。ここでは少し高めに仮想通貨を購入しなければいけないかわりに、とても迅速に仮想通貨を手に入れられるのが特徴。素早く仮想通貨を仕入れなければいけない(売らなければいけない)企業や取引所がよく用いるわけですね。

対して「取引所」は今回ご紹介する「板」を用いて、仮想通貨ユーザーどうしの通貨の「交換」を仲介する場所だということを覚えておいて下さい。では次に、本題の「板」についてご説明していきます。

仮想通貨取引における「板」とは?

仮想通貨取引所において「板」とは、簡単に言うと「通貨を交換したいユーザーが売りたい金額・買いたい金額を書いていく黒板」です。もちろん皆さんが自分で直接書いていくわけではありませんが、イメージとしてこのような想像をしておくと簡単でしょう。

最初から言葉で説明していくと分かりづらいでしょうから、さっそく実物を見て行くことにしましょうか。


(参照: https://zaif.jp/trade_btc_jpy?lang=ja

これが「板」です(今回の板はBTC/円のもの)。左の「売気配数」と書かれているところは俗に「売り板」、右の「買気配数」と書かれているところは俗に「買い板」と呼ばれたりもします。

仮想通貨取引における「板」の見方

では、上の画像を例として「板」を読み解いていきましょう。

板では、左の売り板が「今現在、仮想通貨ユーザーが売りたい通貨の数量の合計」を、右の売り板が「今現在、仮想通貨ユーザーが買いたい通貨の数量の合計」を、それぞれの価格ごとに表しています。

例えば板を見ると、この取引所を使っているユーザー全体が394,210円/BTCでビットコインを売りたがっているのは、合計で0.0500 BTCぶんだと分かります。

対して、この取引所を使っているユーザー全体が394,040円/BTCでビットコインを買いたがっているのは、合計で0.9620 BTCぶんだと分かりますね。ちょっと抽象的で分かりにくいかもしれませんが、頑張って覚えてしまいましょう!

「指値注文」と「成行注文」

それでは、次にこの板を見ながら仮想通貨の取引注文を行うとします。このときにユーザーが選ばなければいけないのが、「指値注文」と「成行注文」のふたつ。

指値注文とは、この板のように「自分はこの金額で仮想通貨を売り買いする!」と狙い撃ちし、相場がそこまで上下するのを待つ方法です。この方法では自分の好きな価格で売り買いが出来る一方、取引に時間がかかるデメリットが存在します。

対して成行注文とは、その時点で板に記載されている額に妥協して仮想通貨を売り買いする方法です。上の図では、もしビットコインを買いたい場合は394,150円/BTCで、売りたい場合は394,040円/BTCで売り買いを行うことになるでしょう。

おわりに

ということで今回は、仮想通貨取引における「板」の見方についてご説明してみました。ちなみに普段取引所に表示されているチャートも、基本的にはこの「板」を基にして作られているんですよ。

今回の内容がご理解頂けたならば、きっと取引所が「取引を仲介するだけの場所」だという最初の説明にも納得がいったはず。普段はあたかも取引所から仮想通貨を売買しているようにも感じますが、その向こうには自分と同じような仮想通貨ユーザーがいたんですね。

Pocket

関連記事