ニュース

【SoftBank】オンライン認証の問題をブロックチェーンで解決

Pocket

日本の電気通信会社Softbankは、現在の集中型および細分化されたIDおよび認証サービスを改善する方法として、ブロックチェーン技術を検討しています。

 

同社は米国のブロックチェーンベンチャーTBCASoftと提携し、既存の電気通信のブロックチェーンコンソーシアム内にワーキンググループ、Carrier Blockchain Study Group(CBSG)を設立したと発表しました。

 

Softbankは、ブロックチェーンの識別および認証サービスを可能にするために、TBCASoftのアプリケーションフレームワークであるクロースキャリア識別システム(CCIS)を利用したいだと述べました。

 

SoftBankによると、TBCASoftのCCISシステムは、暗号化ゼロ知識証明(ZKP)と分散手帳技術(DLT)を使用し、ユーザーの身分証明の発行、保存、および認証を可能にします。

 

CCISシステムは、「複数のアカウントを作成したり、パスワードを覚えたりしなくても、個人情報を保護することができる」とSoftbankが述べました。

 

「ID情報管理・認証は、プライバシー保護の観点から、品質にばらつきのあるデータベースに多くのユーザー名やパスワードを保存するのではなく、暗号化された電子IDが作られるべきだと考えています。私たちは、この答えはCCISにあると考えています」とソフトバンク副社長の福泉武史氏が述べました。

 

TBCASoftとSoftBankはCCISのためにCBSGコンソーシアムの下に他の電気通信事業者と協力することも検討しています。

 

CBSGコンソーシアムは2017年9月にリリースされ、米国を拠点とする通信事業者Sprintや台湾最大の電気通信事業者FarEasToneなど、他の主要事業者も参加しました。このコンソーシアムは、TBCASoftのプラットフォームを使用し、モバイル決済およびさまざまな通信事業者間でのプリペイド電話の利用に関して、ブロックチェーンシステムのテストに成功しています。

 

この記事の翻訳元

SoftBank Eyes Blockchain to Solve Issues With Online Authentication – CoinDesk

Pocket

関連記事