ニュース

【オーストラリア】取引報告を自動化するブロックチェーン技術をテストする

Pocket

オーストラリアの金融規制当局は、機関によるクロスボーダー取引報告を自動化するためにブロックチェーン技術をテストしています。

 

オーストラリア取引報告分析センター(AUSTRAC)がメルボルンのスウィンバーン工科大学と提携して試作のプロトタイプを作成したと発表しました。

 

AUSTRACとSwinburne工科大学はブロックチェーンやスマートコントラクト、他のテクノロジーを使用し、銀行などの企業が規制当局への国際資金振替指示(IFTI)の報告の自動化をテストしています。

 

オーストラリアのマネーロンダリング防止対策およびテロ対策資金調達法では、支払者、差出人、受益機関を含む、国境を越えた資金の移動に関与する機関または特定のカテゴリーの個人が、10日以内に取引の詳細を報告しなければなりません。

 

このテストは昨年12月に始まり、1年間行われる見込みです。

 

先月、スウィンバーン工科大学は、テクノロジー企業のCapgemini(キャップジェミニ)と共同で、メルボルンに新しい世界規模のブロックチェーンセンターオブエクセレンス(CoE)を設立しました。そのため、ブロックチェーントライアルにはCapgeminiの開発から製造までのネットワークが含まれる可能性が高くなります。

 

2017年3月に戻って、AUSTRACはブロックチェーン研究に専念する革新センターも開設しました。

 

昨年の春、オーストラリアの規制当局はAUSTRACへの強制登録を含む、マネーロンダリングおよびテロ対策資金調達防止策として、暗号通貨取引所に関する新しい法規を導入しました。

 

この記事の翻訳元

Australian Regulator Trials Blockchain to Automate Transaction Reporting – CoinDesk

Pocket

関連記事