ニュース

【Samsung】Galaxy S10が暗号通貨プライベートキー格納可能に

Pocket

Samsung最新の携帯電話には暗号通貨プライベートキー専用の安全な保管機能が搭載される予定です。

 

「Galaxy S10は、防衛グレードのSamsung Knoxと、ブロックチェーン対応のモバイルサービス用のプライベートキーを格納するハードウェアストレージが構築されています」とSamsungがプレスリリースで説明しました。

 

プレスによると、S10には上級カメラシステム、「アドバンストインテリジェンス」、他の電話をワイヤレスで充電、8GBのRAMと256GBのストレージ(基本モデル)、など多数の機能が付属しています。

 

S10はHTCのEXODUS 1やSirin LabsのFinneyなどに加え、暗号通貨を格納できるスマートフォンとなります。しかし、Samsungは大手携帯電話メーカーであり、競合他社のいずれとも異なり、最も広い流通を見通しています。

 

GalaxyはSamsungの主力商品であり、S10の傘下に入る4つの異なる機器が可能な限り広い市場を満たすことを意図していた。対照的に、HTC EXODUS 1はbitcoinまたはetherを使用してのみ購入でき、FinneyはSirin tokenを使用してのみ購入できます。

 

Galaxy S10は暗号通貨ウォレットを含むかもしれないという噂が昨年から広まっていたが、水曜日まで正式的に発表しませんでした。

 

この記事の翻訳元

Samsung Confirms Galaxy S10 Will Include Private Crypto Key Storage – CoinDesk

Pocket

関連記事