ニュース

【Baidu】プラグアンドプレイブロックチェーンプラットフォームを立ち上げた

Pocket

中国の大手検索エンジン、バイドゥ(百度)は分散型アプリケーション(DApps)の開発をより手軽なものにするためのブロックチェーンプラットフォームを立ち上げました。

 

バイドゥ・クラウドでの公式による発表で、バイドゥブロックチェーン・エンジン(BBE)はDAppsをモバイルアプリと同じくらい簡単に制作することを可能にし、ストレージの増加とブロックチェーンの発展を妨げているボトルネックをクリアすることが出来る、と述べていました。

 

BBEは同社のABC技術スタック(AI, Big Data, cloud computing)の一貫であり、顧客がブロックチェーン技術を商業化するのをサポートします。

 

バイドゥの知的クラウドプラットフォーム上でホストされる同システムは、モジュラブロックチェーン・フレームワークを使用し、スマートコントラクト、DApps開発のテンプレート、その他、開発をシンプルで迅速にするマルチチェーンシステムを開発者に提供します。

 

このプラットフォームは、顧客の既存のエンタープライズ・フレームワークへの展開もサポートし、「高可用性と柔軟性」を備えたblockchain-as-a-serviceプラットフォームになります。コンソーシアム型やプライベート型など様々なタイプのブロックチェーンにも対応しているとのことです。

 

技術的な面でBBEは、信頼の置ける開発環境、高いパフォーマンス、高い処理能力、スケーラブルなストレージ、クロスチェーンインタラクション、そして知的スマートコントラクトやスマートコントラクトのセキュリティ監査の6つの特徴があります。同プラットフォームはデータのセキュリティやプライバシー保護にも重点を置いています。

 

消費者に対しては、クレジット、メータリング、決済などの機能を提供しています。バイドゥは、同プラットフォームでは500億を超えるトークン化された資産の認証も行うとしています。

 

バイドゥは昨年9月にXuperchainというブロックチェーン・ネットワークに関するホワイトペーパーを発表しているなど、すでにブロックチェーン技術に対して積極的な動きを見せています。また、すでにフォトアプリと宇宙を舞台にしたゲームをリリースしており、中国版ウィキペディアのようなサイトをブロックチェーン上に保管しています。

 

この記事の翻訳元

Baidu Launches Plug and Play Blockchain Platform for Dapps – CoinDesk

Pocket

関連記事