ニュース

【三菱UFJ銀行】2020年にブロックチェーン決済ネットワークをスタート

Pocket

日本最大の金融グループであり、資産規模世界第5位の銀行である三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)は来年2020年にブロックチェーンの支払いネットワークをスタートすることを発表しました。

 

また、12日(火)、2020年前半までにプラットフォームを開発するために、米国に本拠を置くフィンテック企業のアカマイ・テクノロジーズとの合弁会社を設立したと発表しました。

 

このシステムはグローバルオープンネットワークと呼ばれて、毎秒100万を超える取引を処理することができるとMUFGは主張しています。また、IoTとアカマイのクラウドコンピューティングプラットフォームをネットワークに統合することも検討しています。

 

合弁会社の資本金2億5000万円(226万ドル)で、MUFGが80%、アカマイが20%の株を保有しています。

 

決済ネットワークについては昨年5月に発表されました。当時、アカマイは支払い処理、マイクロペイメント、「開発中のIoT対応支払い取引」など、ネットワークが多数のサービスを提供すると述べていました。

 

2017年12月にMUFGはクロスボーダー取引を改善するためにテクノロジー企業であるNTTとの間でブロックチェーンの概念実証を開始しました。同社はまた2016年のブロックチェーンの調査の一環としてMUFGコインという名前の独自のデジタル通貨の開発も検討していました。

 

この記事の翻訳元

Japan’s Biggest Bank Launching Blockchain Payments Network in 2020 – CoinDesk

Pocket

関連記事