ニュース

最近のビットコインの放出が暗号通貨市場を上昇傾向の領域に実際に乗り込ませるかもしれない理由

Pocket

水曜日のビットコイン価格は、より強いUSドルを背景に2.56パーセント下落しました。逆説的に、それは暗号通貨市場にとってそれほど悪い事ではないかもしれません。

 

1月29日の最低価格取引を再テストしつつ、ビットコイン/ドルの為替レート(BTC/USD)は一日ベースの底値3340ドルに達しました。下がり気味の無傷なバイアスによる値動きを覆そうとする買い方の企ても少しありました。

 

それでもなお、このペアは3340ドルを超えて強化され、近いうちに3400ドルまで回復するための有利な条件として働きました。

 

ビットコインの6つの三角形

ビットコイン(BTC/USD) ソース:COINBASE、TRADINGVIEW.COM

 

月曜日に発表した過去の分析で、我々はビットコインの放出を暗号通貨の不安定さだと予測し、価格は通常よりも低いものとなりました。また、ビットコインの現在の値動きと過去の値動きには著しく似通ったパターンがあることを指摘しました。この分析で、我々は、次にビットコインの動きが起こりうる場所の予測を同様に詳細に述べることを目的としていました。

 

上記のCoinbaseチャートを見ると、ビットコイン取引が下がり気味のくさび状の形に下落しているのがわかります。くさび内では、価格が小さな対称の三角形(1)の中に集約されています。それは、最終的に開花に失敗しましたが、価格を急上昇させようと試みました。価格は反転し、弱気相場の大きなフラグを形作りました。そして、再び新しい対称の三角形(2)の中に集約されることを続けました。この値動きは、まだ成長しきらない最新のシナリオ(6)を除いて、4回繰り返されました。

 

ビットコイン価格について詳しく

同じチャートを詳しく見てみましょう。

ビットコイン(BTC/USD) ソース:COINBASE、TRADINGVIEW.COM

第6期が進むにつれ、価格上昇に対する下がり気味のくさび型耐性(点線で描かれた下降気味のトレンドライン)の再テストを試みるなかで、ビットコインはより小さな対称の三角形を形作る可能性があります。それと同時に、価格は一時的な抵抗を維持するために3430ドルに圧力をかけ続けるでしょう。過去の値動きに基づいて、ビットコインは下降傾向の機運を維持するはずです。しかしながら、我々がくさび型の先端に到達するにつれ、価格は正確に強く上昇傾向の動きを見せようとするでしょう。

 

我々が過去の分析に記したように、

「技術的には、下がり気味のくさび型パターンは強気相場の指標です。それはトップから広く始まりますが、最終的に収束する高値と底値の反応を形成しつつ、資産が低く動くにつれ絞られていきます。三角形の頂点に向けて収束していくうえで、資産は新しいサポートエリアを見つけるための突発的な抵抗を経験します。」

 

結果として、ビットコインにはこのくさび型パターンを破り次なる上昇をする大きなチャンスがあるということです。トレーダーは、取引量の急上昇と一体となった十字線――ロウソクが同額でのオープン・クローズ価格を示したときに起こります――のような、反転の指標に注意しておくべきです。

 

反対に、延長された下降傾向の動きは、ビットコイン価格を3100ドル――現在の最低レベルまで押し下げる可能性があります。

 

この記事の翻訳元

Could the Latest Bitcoin Dump Lead to an Upside Breakout Scenario?

Pocket

関連記事