ニュース

【Bithumb】取引所がデジタル資産用のOTC取引デスクをリリース

Pocket

Bithumb Global(ビッサムグローバル)はデジタル資産の店頭取引デスクをリリースしました。

 

7日(木)に香港を拠点とする新しいベンチャー企業であるOrtusは、法人投資家向けの「一括取引、お見合いサービス」であると述べました。店頭取引は2つの当事者が互いに直接取引します。

 

「Ortusは、機関がグローバルな流動性プロバイダーのネットワークを通じてデジタル資産を売買し、競争力のある最高の価格執行サービスの恩恵を受けることを可能にします。」とBitumbディレクターのRahul Khanna(ラフール・カーナ)氏が述べました。

 

Ortusは英国、香港、日本、オーストラリア、アルゼンチンにオフィスが設立されています。

 

スタートをするには、顧客は顧客情報(KYC)やマネーロンダリング防止(AML)に関する文書を含む「厳格な」オンボーディングプロセスを経る必要があると同社は述べました。

 

機関からの関心の高まりを利用するために、ここ数カ月でいくつかの暗号通貨取引所がOTC取引デスクをリリースました。

 

先月、米国を拠点とするBittrexは200近くの暗号通貨をサポートする店頭取引デスクをリリースました。 2018年12月に、Poloniexは法人顧客のために店頭取引サービスを開始し、最低注文額は25万ドル(約2764万円相当)でした。

 

そして1か月前に、Coinbaseはビジネスファンドと取引しようとしている金融機関向けのプライム顧客に店頭取引サービスを開始しました。

 

この記事の翻訳元

Crypto Exchange Bithumb Launches OTC Trading Desk for Digital Assets – CoinDesk

Pocket

関連記事