ニュース

【Bitcoin】ビットコインはより分散化されている

Pocket

カナダの金融サービス会社Canaccord Genuity Group(カナコード・ジェニュイティ・グループ)によると、Bitcoinはより分散化されているとの発表がありました。

 

2月のレポートでは、ハッシュレート分布で測定したところ、初期と比べて、ビットコインの分散化がそれほど進んでいなかったと述べました。しかし、ここ数年の間に、マイニングチップ製造業者間の「競争の激化」により集中化が減少してきました。

 

Canaccordは2014年半ばにマイニングプールGHash.IOが総ビットコインハッシュレートの約50%を制御し、最大の暗号通貨が51%攻撃される可能性がありました。

(ハッシング力の大半を制御することで悪意のあるユーザーが書き換える可能性がある)

 

ただし、2019年には全てのマイニングプールでビットコインのハッシュの20%以上を制御することはなく、5つのマイニングプールが10〜20%のハッシュレートを制御し、残りのグループで総ハッシュレートの10%未満を制御します。

 

Canaccordによると、ビットコインの分散化の進展は好ましいことであり、それにはいくつかの要因があるが、最も重要な要因はビットコインマイニングチップのコモディティ化と特定用途向け集積回路の進化がビットコインの採掘報酬に対する競争の拡大を遅らせています。

 

例えば、マイニング大手Bitmainは「Antminer S9によりいいものが製造できない」ため、Canaan Creativeとの競争が激しくなっていると同社は述べました。Canaan CreativeはBitmainと効果的に競争できる幅広いマイナーにチップを販売するようになりました。

 

さらに、ARK Investの調査ではHerfindahl-Hirschman Index(HHI)でビットコインの集中化を測定したところ、2013年の3,000件から現在の1,200件まで着実に減少していると述べています。

 

HHI指数は市場集中度を測定するために使用されます。 1,500未満のHHIは「競争の激しい市場」、1,500-2,500のHHIは「中程度に集中」、そして2500を超えるHHIは「非常に集中」と考えられていると説明しました。

 

この記事の翻訳元

Bitcoin Is Becoming More Decentralized, Indicates New Research – CoinDesk

Pocket

関連記事