ニュース

【マルウェア】新ウイルスがAppleのMacをターゲットに暗号通貨を盗み、マイニングを行う…

Pocket

最近発見された新ウイルスであるマルウェアはは被害者のMac上のブラウザのCookieやその他の情報を盗み、暗号通貨を盗むことが明らかになりました。

サイバーセキュリティ会社のPalo Alto Networks(パロアルトネットワークス)の調査者は31日(木)に「CookieMiner」と呼ばれる新ウイルス、マルウェアが暗号通貨の取引所やウォレットにログインをした人に関連するCookie情報を窃盗すると述べました

悪意のあるコードはBinance、Coinbase、Poloniex、Bittrex、Bitstamp、MyEtherWalletなどの取引所、または、ドメイン名に「ブロックチェーン」を含むWebサイトを標的にしていると研究者らは見出しました。

また、Visa、Mastercard、American Express、Discoverなどのカード情報やChromeに保存されているユーザー名とパスワード、iTunesにバックアップされているiPhoneのテキストメッセージ、暗号通貨ウォレットのプライベートキーなども盗もうとします。

これらの詳細情報を盗むことに成功した場合、ハッカーは被害者の暗号通貨取引所およびウォレットアカウントにアクセスし、資金を盗むことができます。

「CookieMinerはログイン認証情報、テキストメッセージ、およびCookieの組み合わせで認証プロセスを通過しようとします。」と研究者が説明しました。

このマルウェアにはさらに別の問題があります。それは、被害者のシステム構成を変更し、マルウェア暗号化ソフトウェアを読み込むようにします。マルウェアはパソコンの中にLittle Snitch(リットルスニッチ)というファイアウォールプログラムがインストールされているかどうかを確認します。暗号通貨のユーザーは「情報の漏洩を防ぐためにセキュリティ設定と暗号資産を監視すべき」と研究者が述べました。

暗号通貨マイニングマルウェアの導入数は急増しています。 昨年12月に発表されたMcAfeeの調査によると、2018年の第3四半期には約400万件の新しいマイニングマルウェアがありました。

この記事の翻訳元
New Malware Targets Apple Mac Computers to Steal and Mine Cryptos – CoinDesk

Pocket

関連記事