ニュース

【Boerse Stuttgart】ドイツNo.2の証券取引所が暗号通貨取引用のモバイルアプリをリリース

Pocket

ドイツ第2位の証券取引所Boerse Stuttgart Group(ベールゼ・シュトゥットガルト・グループ)は暗号通貨取引用のモバイルアプリをリリースしました。

開発から約1年、同社は31日(木)BisonアプリがドイツのiOS 9以降およびAndroid 4.4以降のデバイスで利用可能になりました。ユーザーがBitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Litecoin(LTC)とXRPで取引可能と述べました。

このアプリは取引手数料ゼロで、トークンを格納するための内蔵ウォレットも提供しているとBoerse Stuttgartが述べました。ユーザーは現在UTC 05:00と23:00の間でのみ取引できます。

Bison製品については実際に取引を行うことになる金融サービス子会社EUWAX AGと提携しています。もう1つの子会社、Blocknox GmbHは暗号通貨の親権を処理しているとBoerse Stuttgartが述べました。

同社によると、ドイツのSolarisBank AGは支払い処理および顧客の現金預金の保護のための外部銀行パートナーとして機能しております。一方、Boerse Stuttgart Digital Venturesの子会社であるSowa Labsがこのアプリを開発しました。

Sowa CEOのUlli Spankowski(ウリ・スパンコワスキ)氏は来年中にBisonの取引時間を24時間に拡張し、より多くの暗号通貨を追加する予定と述べました。

Bisonは今年下半期に他のヨーロッパ諸国に拡大する予定です。

この記事の翻訳元
Germany's No.2 Stock Exchange Launches Mobile App for Crypto Trading – CoinDesk

Pocket

関連記事