ニュース

【富士通】ブロックチェーン電力取引で40%効率向上を達成

Pocket

日本のIT大手富士通はピーク時のエネルギー供給をより安定させることを目的とした、法人消費者間の電力交換のためのブロックチェーンシステムを開発しました。

富士通は配電会社ENERESの支援を受けて「特許申請中」のブロックチェーンシステムをテストし、デマンドレスポンス(DR)と呼ばれる既存のシステムと比較して約40%改善しました。

DRを使用すると、消費者はピーク時に電力使用量を削減またはシフトすることで電力の需要と供給のバランスを取り、インセンティブを受け取ることができます。しかし、DRを改善する必要があると富士通が述べました。

一方、富士通のブロックチェーンベースシステムは、売り手からどれだけのエネルギーが利用可能であるかを迅速に計算し、それを注文して、ピーク時により速い応答を受け取ると言われています。

同社は、エネルギーを無駄にすることのないテクノロジーを構築したと述べました。

富士通はいくつかのブロックチェーンベースツールとシステムを構築しました。 昨年10月には少額の取引を低コストで取引できる技術を使用して銀行間決済システムを開発しました。

この記事の翻訳元
Fujitsu Claims 40% Efficiency Boost for Blockchain Electricity Exchange – CoinDesk

Pocket

関連記事