仮想通貨取引所

「アトミックスワップ」とは? 変革の新技術、その仕組みや概要、メリット・デメリットを徹底解説!

Pocket

仮想通貨やブロックチェーン技術は、その非中央集権的な仕組みから、今や通貨取引に留まらず非常にさまざまな分野で用いられているのは皆さんのご存知の通りでしょう。しかし、残念ながらその仕組みの反面、仮想通貨取引の全ての場面が非中央集権的かと言うとそうではありません。

その最たる例が、皆さんも多く使っているであろう「仮想通貨取引所」です。ある通貨を他の仮想通貨や法定通貨に換えるこの取引所は、世間一般で言うところの銀行のように、かなり中央集権的なものと言っても差し支えないと思われます。

しかし、その流れもだんだんと変化しつつあります。その一例として、今回ご紹介する「アトミックスワップ」が挙げられるでしょう。

このアトミックスワップは主に仮想通貨どうしの為替に用いるもので、仮想通貨取引所を介さずにユーザー対ユーザーで直接の取引が出来るというもの。では、いったいこのアトミックスワップにはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

ということで今回は、このアトミックスワップについて、その仕組みや概要、メリット・デメリットをご紹介していこうと思います。

アトミックスワップとは?

それではまず初めに、アトミックスワップとはいったいどういう技術なのかを簡単にご説明していきましょう。

アトミックスワップとは上述の通り、信頼できる第三者をあえて通さず、見ず知らずのユーザー同士が取引を行うことで通貨の交換を行う技術です。

通常、特に法定通貨を扱う場合などは、ある程度信頼があり、かつ通貨にプールのある取引所が通貨の交換を行う、あるいはユーザー間の取引を仲介することになります。

これは非常に取引への安心が出来るような方式である一方、やや中央集権的な仕組みでもあるため、ハッキングリスクに懸念が生じます。

そこで、その懸念を払拭すべく登場した技術がアトミックスワップなのです。アトミックスワップは、HTLC(Hashed Time Lock Contract)という技術を用いることで、信頼できない他のユーザー間の取引を直接、かつセーフティに行えるようにしました。

ちなみにHTLCについてですが、簡単に言えば「一時的に中身の見えるナンバー式の貸金庫を用いるような技術」だと理解して頂ければいいのではないかと思います。

例えば、AさんとBさんがそれぞれビットコインとライトコインを交換したいとしましょう。このとき、まずAさんとBさんは別々の透明なナンバー式貸金庫(のようなもの)にそれぞれの通貨を入れます。

続けて、両者が貸金庫の中にきちんと通貨が入っているかを確認します。そして最後に、両者が入っている通貨の量や種類に合意して初めて、「いっせーのせ」でお互いの貸金庫のナンバーを教え合い、通貨の両替が完了する、というような流れにアトミックスワップはなっています。

アトミックスワップのメリット・デメリット

それではアトミックスワップの簡単な仕組みや概要をお分かり頂いたところで、アトミックスワップのメリット・デメリットを簡単にまとめてみたいと思います。

アトミックスワップのメリット

まず初めに、アトミックスワップのメリットをご紹介します。

不正取引、ハッキングのリスクが下がる

上述したように、アトミックスワップのメリットはこの一点にほとんど集約されます。アトミックスワップを用いることで中央集権的な取引から非中央集権的な取引へと移行でき、匿名性を保ったまま安全な取引が出来ます。

異なる通貨間の取引が容易

そして副産物として、異なる通貨間の取引が非常に容易になるということも挙げられるでしょう。まだまだ定着はしていませんが、今後このアトミックスワップを用いることで、異なるブロックチェーン台帳を用いている通貨間の取引がシームレスになると予測されています。

アトミックスワップのデメリット

しかし、もちろん良いところばかりではありません。次に、アトミックスワップのデメリットについてもご紹介していきます。

対応通貨がまだ少ない

まず挙げられるデメリットとして、特殊な技術である関係上、未だ対応している通貨が少ないということが挙げられるでしょう。メジャーな通貨の中ではビットコイン、ライトコインなどのみが対応しているようです。

取引手数料がかかる

このアトミックスワップの取引はその安全性を保つため、基本的に単なるユーザー間の取引ではなく、ブロックチェーンを介在した取引となります。そのため、マイニングのための手数料がかかってしまうのです。

送金速度が遅い

さらにブロックチェーンを用いる際、通常の取引と異なり、アトミックスワップをするときには複数のブロックを用いて取引を行う必要があります。そのため、他の取引に比べ若干送金速度が遅くなってしまうこともあるのです。

おわりに

今回は、仮想通貨取引をさらに安全なものにするための新技術「アトミックスワップ」についてご紹介しました。

まだまだ課題も多く、さらに対応通貨も少ないアトミックスワップですが、今後どんどんと取り入れられていくことは間違いありません。将来の進化が非常に気になる技術と言えるでしょう。

Pocket

関連記事