トピックス

今話題の「ライトニングネットワーク」とは?その仕組みやメリット・デメリットを徹底解説!

Pocket

皆さんは、今ブロックチェーン関連の界隈では物議を醸している「ライトニングネットワーク」という技術を知っていますか?

このライトニングネットワークは、簡単に言ってしまうと通常の仮想通貨取引とは異なり、ブロックチェーンの外で取引を行うことで取引の速度向上を図るような仕組みなのですが、それにはそれぞれ大きなメリット、デメリットがあります。

また、概要だけ聞いてしまうと「セキュリティ面は大丈夫なの?」などといった疑問も浮かんでくるでしょう。

ということで今回は、このライトニングネットワークについて、仕組みやメリット・デメリットを徹底解説していきたいと思います。

ライトニングネットワークとは?

それではまず初めに、ライトニングネットワークの概要、そして仕組みについて簡潔にご紹介していきたいと思います。

ライトニングネットワークとはその名前の通り、高速な仮想通貨の取引を行うために考案された通信技術の総称です。ライトニングネットワークと言うと、通常ビットコインに適用されているネットワーク技術を指しますが、現在他の通貨でも導入が進められています。

さて、そんなライトニングネットワークは、簡単に言うと「ブロックチェーンを介さない」ことで取引の高速化を図っています。

通常仮想通貨を送受金する場合、ブロックチェーンという巨大な台帳に取引の履歴を書き込み、その内容をもって取引情報の正当性を確かめますよね。

この方法は非常に強固なセキュリティを持っており、高い信頼性を持ちますが、その反面取引の承認に時間がかかってしまったり、あるいはブロックチェーンの持つ容量が膨れ上がってしまったりすることが大きな懸念点となっていました。

そこで登場したのが、今回ご紹介する「ライトニングネットワーク」。このライトニングネットワークは強固なセキュア性などを犠牲にする代わりに、ブロックチェーン台帳へと取引を記帳しない取引を行い、取引の高速化を図っているのです。

こういった特徴のためからか、主にライトニングネットワークは非常に少額の取引においてしばしば用いられています。また、もちろんブロックチェーンほどの強固さは無いにしても、必要以上のセキュリティはきちんと保たれているのでその点も安心。

近年、ビットコインは「スケーラビリティ問題」、すなわちブロックチェーン台帳の急激な容量増加に苦しんでいます。そんな中登場したライトニングネットワークは、まさに巨大化した仮想通貨への福音とも言えるのではないでしょうか。

ライトニングネットワークのメリット・デメリット

とはいえ、ライトニングネットワークが全ての場合において効果的に振る舞うとは限りません。場合によっては通常通りブロックチェーンを用いたほうが良いと判断される場合もあるのです。

ということで次に、ライトニングネットワークのメリット・デメリットをご紹介します。きちんと長所短所を把握しておきましょう。

ライトニングネットワークのメリット

それではまず先に、ライトニングネットワークのメリットからご紹介します。

非常に高速な取引が出来る

やはり最初に挙げられるのはこれでしょう。ライトニングネットワークを用いることで、ブロックチェーンを介した取引とは比べ物にならないほどの高速な取引が出来ます。

ビットコインにおいては、ブロックチェーンを介すと10分以上かかる取引も、ものの数秒で取引が完了してしまうとさえ言われています。

手数料が少ない

ユーザーの皆さんにとって、大きな恩恵となり得るのはこれなのではないでしょうか。普段、ブロックチェーンを介して取引を行うと、そこにマイニングのための手数料がかかってしまいます。

しかし、ライトニングネットワークを使えばブロックチェーンを介さないため、手数料がかかる心配もありません。これは特に少額取引において、非常に優位に働くでしょう。

ライトニングネットワークのデメリット

それでは最後に、ライトニングネットワークのデメリットを簡単にご紹介します。

セキュリティが比較的弱い

一番大きなデメリットには、これが挙げられるのではないでしょうか。ブロックチェーンという超強固な仕組みに比べてしまうと、どうしてもライトニングネットワークにはハッキングなどのリスクが感じられてしまいます。

そのため、大きな額の取引を行うことはあまり勧められません。あくまで少額取引のみに用いるのが吉なのではないでしょうか。

おわりに

今回は、ライトニングネットワークについて概要をご説明させて頂きました。

現在、仮想通貨やブロックチェーンを用いてIoT化を進めていこうという動きが非常に活発になっています。そんな中で、少額取引にほぼ取引手数料の掛からないライトニングネットワークは、もしかしたら次の世代を切り開くカギになるのかもしれませんね。

Pocket

関連記事