仮想通貨の基礎知識

仮想通貨にも税金がかかる!?仮想通貨で得た利益にかかる税金について、計算方法や申告の種類などを徹底解説!

Pocket

年度末が近づいてきて、いよいよ確定申告をしなければいけない時期になって来ました。通常であれば、給与所得のみの方が特に自分から手続きを行う必要はないのですが、仮想通貨取引を行っている皆さんは注意して下さいね。

なぜなら、仮想通貨取引で得た利益は立派な課税対象だからです。原則として、仮想通貨取引などによって年間20万円以上の利益を得た方は、必ず確定申告を行い、税金を納めなくてはいけないのです。

ですが、特に今年度から取引を始めたような方にとっては確定申告がほぼ未知の世界であるということも多いでしょう。今回はそんな方々のために、仮想通貨取引で得た利益をどのようにして申告すればいいのか、どう計算すればいいのかなどを解説します。

仮想通貨での利益は「雑所得」に分類

まず初めに抑えて置きたいのは、仮想通貨で得た利益は全て「雑所得」へと分類されるということ。雑所得とは、インターネットオークションで得た利益や印税、アフィリエイト広告収入などが分類される、税法上のどの所得分類にも属さない所得のことを指します。

この雑所得では、他の所得分類と損益通算が出来ないので注意しておきましょう。例えば、「今年は仮想通貨で若干損をしてしまったから、給与所得と合算して所得税を減らそう」などということは出来ない、ということですね。

また、同じ雑所得の中でも、FXで得た利益など一部のものは通算することが出来ません。これらを判断することは素人には非常に困難なため、もし可能そうであれば税理士などに相談してみるのが良いのではないでしょうか。

仮想通貨利益の税金の計算方法

それでは、次に仮想通貨で得た利益はどのように計算し課税されるのかをご紹介します。仮想通貨取引で課税がなされるのは、主に下の3つを行った場合です。

  • 仮想通貨を売却した
  • 仮想通貨で商品を購入した
  • 仮想通貨と仮想通貨を交換した

仮想通貨を売却した場合

それでは1つ1つ、簡単にご紹介していきましょう。まず、ひとつめの仮想通貨を売却した場合です。これは簡単で、仮想通貨を取得した際と売却した際の金額の差が課税金額となります。

例えば10万円でビットコインを購入し、11万円で売却した場合は1万円分が課税対象になるわけですね。一部のみ売却などを行ったときは、その売却した通貨が元々いくらだったのかを計算し、差し引いて額を算出しましょう。

仮想通貨で商品を購入した場合

次に、ふたつめの仮想通貨で商品を購入した場合です。まだまだ日本では浸透していませんが、徐々に実店舗でもビットコイン支払いなど、仮想通貨でモノを購入できることは多くなっていますよね。

この場合、支払いに使用した仮想通貨を取得した金額から、決済時点でのモノの金額を差し引いた額が課税対象となります。少々ややこしい計算になる場合も多いですが、根気よく計算していきましょう。

例えば10万円で購入したビットコインが11万円になったあと、その中の1万円分のビットコインを使って家電製品を購入したとします。この場合、いくら自分が得をしたかと考えれば簡単でしょう。11万÷10万-1万=1000円となり、課税対象額は1000円です。

仮想通貨と仮想通貨を交換した場合

それでは最後、仮想通貨と仮想通貨を交換した場合。これも理屈は上と同じで、交換元の仮想通貨を取得した際の金額から、交換する際の金額を差し引けばいいだけです。

例えば10万円で購入したビットコインが11万円になったあと、それをリップルへと交換したとします。その際は11万円-10万円=1万円が課税対象金額となりますね。

これらの3つで対象となった金額(もちろんマイナスの額も加算していって構いません)が合計で20万円を超えた場合、必ず納税しなくてはならなくなります。

仮想通貨の利益にかかる税率

また、この雑所得についても所得税のご多分に漏れず累進課税方式となっているため、得た利益に応じて税率は上がって行きます。税率は以下の通りとなっていますので、自分がどのくらいの税率になるかを確認しておきましょうね。

課税対象金額 税率 基礎控除額
95万円以下 5% 0円
95万円超330万円以下 10% 97,500円
330万円超695万円以下 20% 427,500円
695万円超900万円以下 23% 636,000円
900万円超1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円超4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

おわりに

今回は仮想通貨の利益にかかる所得税について、その概要や計算方法などをご紹介しました。

残念ながら、その知識がなかったとしても脱税は大きな法律違反となってしまいます。「ついうっかり」脱税をしてしまわないよう、特に仮想通貨取引で大きな利益を得ている方は注意して下さい。

また、もし不明な点が出て来たり、計算が煩雑で面倒だと感じたりしたら税理士に相談するのも一つの手です。普段働いている勤務先の近く、家の近くなどにある税理士事務所を調べてみるのもいいかもしれません。

Pocket

関連記事