ウォレット

そのリップル、狙われているかも……?リスクを回避するためにオススメなリップル用ウォレット4選!

Pocket

皆さんは、仮想通貨を「ウォレット」というものに保管しておけるということをご存知でしょうか?

普段仮想通貨の取引を行う際、ほとんどの方が仮想通貨を取引所に預け、そこから売買を行っているはずです。ですが、ずっと取引所に仮想通貨を預けっぱなしにしておくのは大変危険。

なぜなら、取引所は常にオンラインとなっており、常に多くの仮想通貨を保持しているが故、ハッキング(厳密にはクラッキングですが)の対象となってしまうからなのです。それは現実の通貨取引で例えるならば、店舗が夜通しレジの中にお金を入れておくようなもの。

そこで、今回は皆さんがお持ちの仮想通貨をリスクから守るべく、安全に仮想通貨を保管しておける「ウォレット」、いわば現実の通貨で言うところの金庫や財布のようなものを、特にリップルへとスポットを当ててご紹介したいと思います。

せっかく得たリップルを失ってしまわないよう、きちんとウォレットで管理しておきましょう!

オススメのリップル用ウォレット4選

それではさっそく、数あるリップル用のウォレットの中でもオススメのウォレットを4つ、簡単にご紹介していこうと思います。

シンプルイズベスト!「ripple-client-desktop」

まず初めにご紹介するのは、以前リップルの開発元が公式でリリースしていたウォレット、「ripple-client-desktop」。現在は公式でのリリースでこそないものの、有志の手によってより使いやすいものとなりました。

このripple-client-desktopは、パソコンにインストールして一つのソフトウェアとして用いる形式のウォレット、いわゆる「デスクトップウォレット」というもの。セキュリティ的にも安心です。

また、ripple-client-desktopを使うメリットとして、日本語対応がなされている点や操作性が非常にいいこと、複数アカウントに対応していることなどが挙げられます。反面、最近は更新がされていないので、不具合の修正などを期待できないのが玉にキズ。

日本発!シンプルなユーザーインターフェースが特徴「Ginco」

上記のripple-client-desktopがデスクトップウォレットならば、こちらはスマートフォンのアプリでウォレットの管理を行う「モバイルウォレット」。この「Ginco」は、仮想通貨の専門家、森川夢佑斗さんが代表を務める企業がリリースしたウォレットです。

モバイルウォレットを用いる利点として、すぐにパソコンが開けない時でもスマートフォンを開けば通貨の残高などを確認できるところ。しかもこのGincoはリップルのみならず、他の通貨の保管にも対応しているのですから、非常に利便性が高いと言えます。

また、もちろん日本発のウォレットということもあって日本語へは完全対応。しかし、Androidへは未対応であるなど、まだまだこれからの面もあります。今後に期待がかかるウォレットのひとつだと言えるでしょう。

手軽に取引出来る便利さがウリ!「Toast Wallet!」

この「Toast Wallet!」もモバイルウォレットですが、こちらはiOS/Androidともに対応済。また、パソコンからのウォレット操作も出来るなど、既に高い完成度を誇っているウォレットのひとつです。

Toast Wallet! の主な特徴として、モバイルウォレットそれ自身の特徴を非常によく活かした利便性が挙げられます。スマートフォンからすぐに取引を行える手軽さは大きなメリットだと言えるでしょう。

反面、日本語対応がされていないなどのデメリットや、インターネットに常時接続されているが故に残る若干のセキュリティ面への不安などがあるものも事実。利用する際はその点に十分留意しておきましょうね。

ハードウェアウォレットでセキュリティ面もバッチリ!「Ledger Nano S」

ここまで挙げた3つのウォレットは、パソコンやスマートフォン上のソフトウェアを用いて仮想通貨を管理しているものであるため、(もちろん取引所へ預けっぱなしにするよりは信頼性が高いものの)まだリスクを完全に払拭しきれているとは言えません。

対して、この「Ledger Nano S」は上記のウォレットとは異なり、仮想通貨を管理するための専用ハードウェア上でリップルを保管しておく、「ハードウェアウォレット」という種類のウォレットです(上3つのようなウォレットは「ソフトウェアウォレット」と呼びます)。

このハードウェアウォレットを用いることで、普段インターネットに接続している端末とは完全に切り離しながらリップルを管理することが出来るため、大幅にハッキングなどのリスクを減らすことが出来るのです。

もちろんその反面、取引の手軽さなどは失われてしまいますが、大きい額の通貨を管理するためには非常に心強いウォレットだと言えます。

おわりに

今回は、リップルを管理するために用いるべきウォレットについて、オススメのウォレットを4つご紹介いたしました。

IoT(Internet of Things)時代を迎えようとしている現代では、ハッキング攻撃などのリスクが至る所に潜んでいるもの。自分の身は、しっかり自分自身で守っておかなければなりません。適切にウォレットを利用して、安全にリップルを取引しましょう!

Pocket

関連記事