仮想通貨の基礎知識

よく聞く「ブロックチェーン」っていったいどうなっているの?その仕組みや実用例を徹底解説!

Pocket

仮想通貨取引を行っている、もしくはこれから取り組もうとしている皆さんであれば、きっと「ブロックチェーン」という言葉を聞いたことがある方がほとんどだと思います。

しかし、このブロックチェーンがいったいどういう仕組みなのか、説明できる方は案外少ないはず。せいぜい「仮想通貨取引を安全にするなにか」「鎖状に情報がつながっているなにか」くらいの認識なのではないでしょうか。

ということで今回は、このブロックチェーンについて、その仕組みや応用例などをご説明していきたいと思います。きちんと仕組みを理解して、今後の情報収集に役立てて下さいね!

ブロックチェーンとは?

それではまず、ブロックチェーンとはいったいどのようなものなのか、その仕組みを簡単にご説明したいと思います。よく巷では「ブロックチェーンは台帳だ」と言われていますが、一旦その考えは取っ払ってもらっても大丈夫ですよ。

日本語に直訳すると「箱と鎖」となるブロックチェーンは、ごく単純に言ってしまえばその和訳の通り、情報を入れる箱とそれを繋ぐ鎖で出来ています。

この箱の中には、皆さんが行う取引の情報が詰められます。取引する通貨の量、送信元、受信先、取引日時などなど……。そして、この箱が全世界の時系列順に鎖でつながっていき、延々と伸びていくものこそ、ブロックチェーンの超基本的な型なのです。

ですが、これだけではただ単に箱がつながっているだけに過ぎません。もしかしたら、悪だくみした人が箱の中の情報を入れ替えたり、変な情報が入った箱をつなげて、自分に都合のいい情報へとすり替えてしまうかもしれませんよね。

それを解決するのが、承認作業と呼ばれる、いわゆるマイニング作業。とても高度な計算を伴うマイニングによって、箱を鎖に繋げる前に中身の情報を精査し、「これは本当に鎖へとつなげていい情報なのか?」という疑問を解決し、承認してくれるんですね。

そして、一度承認された箱は二度と開けないようにがっちりフタをされてしまいます。そして、ブロックチェーンは一人が中央集権的に管理するのではなく、ユーザー全員で監視しているため、簡単に箱をこじ開けることが出来ません(=改ざんが難しい)。

これこそ、ブロックチェーンが中央集権的ではない「分散型」な台帳だと言われ、「安全だ」と言われているゆえんなのです。

もちろんこの説明にはいくつかヌケがあるのですが、実際に仮想通貨取引を行う上ではこの程度の理解で十分すぎるものだと思います。本当にきちんとご説明しようとすると、まず大学レベルの情報技術と数学を学ぶところから始めなければいけませんから……。

ブロックチェーンの実用例

と、ここまでご理解頂いた皆さんならお分かりのはず。そう、ブロックチェーンとは何も仮想通貨取引にのみ使えるものではなく、幅広い分野に応用が出来る技術なのです。

「箱」の中に入れる情報を変えるだけで、商品管理にもゲーム開発にも使えてしまうのがブロックチェーンのすごいところ。ということで次にご紹介するのは、そんなブロックチェーンがいったい他の分野ではどのようなことに使われているのか、その実用例です。

食品管理(アメリカ Walmart、日本 宮崎県綾町など)

アメリカのウォルマート社では、2017年からブロックチェーン技術を用いて食品の管理を行っています。誰が生産し、誰が加工し、誰が販売したか……時には改ざんされて大きな問題となる食の安全保障をブロックチェーンが担っているわけですね。

また、宮崎県の綾町では、無農薬野菜の生産管理をブロックチェーン上で管理しています。それぞれの野菜に紐づけられたQRコードを読み込むことで、誰が生産したのか、畑の土壌の検査結果はどうだったか……など、いろいろな情報にアクセスできるようになりました。

美術品の証明(アメリカ VERISART)

ブロックチェーンはこんな分野にも使われています。美術品の真贋を見極めるのは時として専門家でも難しいものですが、ブロックチェーン上に情報を一度記載してしまえば画像処理技術と合わせて、素人でも真贋を見極めることが可能になるのです。

履歴書管理(日本 リクルートテクノロジーズ)

最後にご紹介するのは、一風変わった日本での取り組み。新しい社員の採用に際して、しばしば経歴詐欺などが大きな問題になることがあります。また、顔写真を添付されている場合はプライバシーの管理も懸念の1つとなり得るでしょう。

そんな悩みを、ブロックチェーンで解決していこうという動きが現在出ています。こちらはまだ実用段階には来ていませんが、今後の実用化に大きな期待が持てるサービスだと言えるでしょう。

おわりに

今回はブロックチェーンの仕組みやその実用例についてご紹介して参りました。今まで人と人の関わりやそれに準じるものでしか作れなかった「信用」が、データベース上で証明可能になりつつあるというのはなんだか末恐ろしいものを感じてしまいます。

今後、ブロックチェーンはどのような使われ方をするのでしょうか。人間が今まで作ってきた「便利なもの」は、得てしてマイナスな使われ方をすることも多々ありました。そういった問題が再発することのないよう、ただ祈るばかりではあるのですが。

Pocket

関連記事