ニュース

ジャマイカ証券取引所、セキュリティトークンの上場を計画

Pocket

ジャマイカ証券取引所(JSE)は、クライアントが取引可能な資産としてセキュリティトークンを上場する計画を立てています。

JSEの技術パートナーであるカナダ系企業のBlockstationは先週、この二つの企業が60日間の暗号通貨取引試験の第一段階を完了したことを発表しました。

JSEの管理責任者であるMarlene Street Forrestは、この試験が今のところ「とても順調」であり、同取引所はその結果に「かなり満足」していると述べました。

彼女は以下のように続けました。
「我々は、最終的にセキュリティトークンの上場を含む、試験の次の段階へと進むことを楽しみにしています。」

試験の第一段階には、管理されたブローカーディーラー、値付け業者、ジャマイカ中央証券預託機関(JCSD)が参加しました。

試験の最終的な目標は「デジタル資産エコシステムの完全なライフサイクルのデモを行う」ことであると発表されています。その中には、プラットフォームの立ち上げ、参加者の管理、取引の処理が含まれています。JCSDは現金と暗号通貨の交換・決済・保管の管理、ならびにコンプライアンス報告の監視と参加者の調整を行いました。

JSEは、新しいデジタル資産取引プラットフォームを作るため、去る2018年8月にBlockstationと提携しました。

Forrestはその際CoinDeskに対して次のように述べました。「安全な方法でこれを始めるために、結局のところ大詰めとなるのはトークンの取引を行うこと、スマートコントラクト、この製品を好む市場範囲の提供です。」

ここ数週間で、セキュリティトークンの取引を提供するプラットフォームがますます増加しています。

ちょうど昨日、暗号通貨スタートアップのZilliqaとMaiCoinが、Hg Exchangeと呼ばれる中央集権型トークン取引所をシンガポールで設立するために提携しました。このプラットフォームは、AirBnb、Uber、SpaceXを含む有名民間企業の株を最終的にトークン化することを目的としています。

先週、ヨーロッパのブロックチェーンスタートアップであるCurrency.comがトークン化された証券向けの取引プラットフォームを発表し、投資家たちが暗号通貨を利用して金融商品の直接な取引や投資を行うことを可能にしました。

また、今月初旬、エストニアを拠点とする暗号通貨スタートアップであるDX.Exchangeが、Nasdaq上場の異なるテック企業の株に相当する暗号トークンをクライアントが購入することができる取引プラットフォームを発表しました。

この記事の翻訳元
Jamaica Stock Exchange Plans to List Security Tokens – CoinDesk

Pocket

関連記事