ニュース

【Starbucks】元スターバックスCEOは暗号通貨ファン

Pocket

米国大統領候補は暗号通貨が将来広く使われるかもしれないと見込んでいます。

スターバックスの名誉会長兼元最高経営責任者(CEO)のHoward Schultz(ハワード・シュルツ氏)は27日(日)に米国大統領候補の参入を検討していると発表し、暗号通貨をキャッシュレスのデジタル経済の一部と見なしていると語りました。

2018年1月の四半期決算電話会議で、人気のあるコーヒーチェーンの元CEOが暗号通貨とブロックチェーンについて話し合い、ビットコインが広く使用される通貨になるとは思わないが、ブロックチェーン技術には多くの用途があると考えています。

Schultz氏は、暗号通貨が同社の長期的なデジタル決済戦略に組み込まれることになると述べた。

「私は近い将来ではなく、これから数年以内に、暗号通貨に関する消費者向けアプリケーションを開発します。これは、スターバックスが仮想通貨を作るからではなく、会社の将来と消費者の将来の行動について考えるからです」と彼は述べました。

去年の夏にスターバックスはニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル取引所と、ビットコイン取引所であるBakktとアプリケーションを取り組んでいます。当時、スターバックスは販売時点で暗号通貨を米ドルに換算するための「実用的な」アプリケーションを開発すると述べていました。

この記事の翻訳元
Ex-Starbucks CEO and Presidential Hopeful Howard Schultz Is a Crypto Fan – CoinDesk

Pocket

関連記事