ニュース

【Kik】ICOのためにSECと戦うと発表

Pocket

カナダを拠点とするメッセージングアプリ会社のKikは2017年のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)する際、米国証券取引委員会(SEC)の執行措置について闘う予定です。

27日(日)、Kikの創設者兼CEOのTed Livingston(テッド・リビングストン)氏は同社の象徴であるkinは通貨のように機能し、SECが言っていた「未登録の証券」ではないと述べました。 Kikは昨年9月にトークン売却で1億ドル(約109億円相当)近く調達しました。

特に、SEC会長のJay Clayton(ジェイ・クレートン)氏は昨年2月、「ICOはすべて証券であると信じている」「ICOと暗号通貨を分離したいと思います。証券発行するICOは、証券発行するときと同様に規制する必要があります。以上。」と述べました。

そのような場合、kinは「本当に通貨である」とし、1934年証券取引法は「証券の定義には「通貨は含まない」と明言しています」とLivingston氏が述べました。

Livingston氏はさらに、kinは米国の証券と決定するHoweyテストの基準を満たしていないと述べました。

ICO発行後、SECはKikと連絡を取りました。最近ではKikが証券法に違反していることを示す警告書を送りました。 Kikは先月の通知に答え、ICOには「詐欺禁止」、「2017年9月にKinを売る際に既存のすべての法令を遵守するために相当な努力を払った会社を不当に狙ったとしている」と述べました。

この記事の翻訳元
Chat App Kik Says It Will Fight SEC Over Possible ICO Action – CoinDesk

Pocket

関連記事