ニュース

【Netflix】値上げが間違いだったか? ライバルHuluは値下げしたが

Pocket

CCNによると、人気動画ストリーミングサービスNetflixがサービス開始以来最も大きな値段上げを実施することを発表した。このことによって、間違いなく顧客を怒らせると数多くのメディアに報道された。

大手ストリーミングサービスNetflixが今後、今の値上げを後悔するのか?

CCNの報告によると、Netflixが購読料を13〜18%引き上げた。 最も安い基本プランの価格は1ドルの引き上げで、9ドルになった。 4Kプレミアムプランは2ドルを引き上げ、16ドルとなった。アナリストによると、今回の値上げはオリジナル映画制作のための資金調達、と他の人気のストリーミングサービスと競合することから発生した借金を返済するのに役立つということだろう。

ストリーミングコンテンツの著作権の保護とオリジナルコンテンツの制作は安くはなかった。 Netflixは”友達”へのストリーミング権限の確保に1億ドルを費やした。

歴史的に見ると、Netflixの値上げは株価を押し上げ、加入者の増加に限界的な変化をもたらした。 CNBCによると、前回2017年10月Netflixの値上げの日に、同社の株価は3%が上昇した。

しかし、Hulu社の反応により、ストリーミングサービスの展望が変わっていく可能性があると推測する人もいた。Hulu社は、広告付きの基本プランの価格を恒久的に2ドル引き下げると述べていた。

HuluはNetflixの加入者の一部を奪うことができるか?

Huluは、プロモーション期間で月額5.99ドルの基本プランを手に入れたことがよくあった。 水曜日に、Hulu社が2月26日から基本購読プランは永久的に5.99ドルであると発表した。

Netflixは依然としてオンラインストリーミング視聴者の大部分を占めている、米国国内だけで5800万人もの視聴者がいる。2018年末時点で、Huluは2500万人の加入者を抱えていた。

Vergeによると、この数字は2017年末から購読者数が48%増加を表している。Huluの発表により、Netflixの株は水曜日に約1%下落した。

しかし、Hulu社のこの利下げは自身の値上げも引き起こした。 Hulu Live TVの価格を39.99ドルから44.99ドルに値上げすると発表した。

Hulu社は、Discover Inc社と昨年9月に達成した合意、と信頼性と使いやすさに関する改善を加えたことにより、利用可能なチャネル数が増加したことを考慮した上で、値上げすることに決定したと述べた。

この値上げによる影響を緩和するための試みとして、HuluはDVRなどオプションのアドオンの価格を引き下げた、と同時にストリーミング視聴できるデバイス数を増やした。

未来はどうなっていくのでしょうか。

Netflixは純粋な成長から収益性をより明確に重視するように移行したようだが、Huluの将来はディズニーが21世紀フォックスの買収後にHuluの過半数所有者になることの影響で不透明になった。

買収の交渉は2019年前半に完了すると言われていた。Huluのスタッフは買収がストリーミングサービスの将来と価格にとって何を意味するのかについて、箝口令が敷かれていた。

ディズニーの管理層は、Huluがストリーミング戦略の大きな役目を担うであろうと言った。

この記事の翻訳元
Was the Netflix Price Hike a Mistake? Shares Fall as Hulu Slashes Rates

Pocket

関連記事