ニュース

Huaweiのスキャンダルが米中の貿易戦争を再燃させる理由

Pocket

中国のHuawei Technologiesに対する米政府の調査の拡大は、貿易戦争の終結に向けた交渉の重大な岐路に立たされている、米国政府と中国政府の間の新たな緊張関係を刺激する可能性があります。ウォールストリートジャーナルによると、米政府の検察官はすでに、同社が米国の企業秘密を盗んだとして、同社への犯罪捜査を強めているようです。

Huaweiは米政府の標的に

米政府の検察官は、HuaweiおよびHuaweiの取引慣行に対する幅広い捜査を開始することで、同社を相手取った民事訴訟を追跡していると、ウォールストリートジャーナルは木曜日に報じました。この件に詳しい情報源によると、この捜査は更に進んでおり、近いうちに告訴に至る可能性があるそうです。

T-mobileがHuaweiに対して起こした民事訴訟は、捜査の初段におけるきっかけのひとつでした。2014年に公になった件で、Huaweiは、ワシントンのT-Mobileのラボからロボット技術を横領したとして起訴されていました。しかし、この中国企業はジャーナルに対して、この問題は2017年に非公開の合意に落ち着いたと告げました。Huaweiはこの件について、
不適切な行いをした二名の従業員にまつわる稀なインシデントであったと主張しています。

貿易対話への影響

Huaweiを取り巻く議論が新しいものではないにせよ、申し立てられた犯罪捜査は、米中両者が二国間貿易協定における重要な進展をもたらそうというときに、米中の貿易代表間の亀裂を拡げるかもしれません。ドラッグ密輸入の責でカナダ市民に死刑を課した中国政府は、Huaweiの議論については既に甚だしく真剣な態度を示しています。大急ぎで行われた裁判で、Robert Lloyd Schellenbergは、2016年に懲役15年を言い渡されていましたが、今週死刑の判決を受けました。

Huaweiの上級役員が先月バンクーバーで逮捕され、現在アメリカへ送還されようとしていますが、その逮捕以来中国はカナダとの間で進行中の議論において要求水準を上げていると非難を受けています。Huaweiの最高財務責任者であるMeng Wanzhouは、子会社を通じてイランに対するアメリカの制裁に違反したという申し立てにより、アメリカで詐欺罪の嫌疑をかけられています。

トランプ政権内の多くの人々が、中国によるアメリカの商業的な知的財産の盗難を暴露しようと画策し、中国からの輸入品により厳しい関税を適用するよう大統領に要求してきました。アメリカの立法府議員は、制裁違反に関して、HuaweiやZTEその他大陸企業へのチップの販売を禁じるため団結しました。

Huaweiへの犯罪捜査がもたらし得る影響は、中国政府による、現在進行中の貿易協定の信用を損なうような、予測不能な方法での報復を引き起こしかねません。CCNが最近報じたところによると、先週、アメリカの貿易代表と中国当局者が予想されていたよりも長い時間をかけて会合し、事態の深刻さを強調しました。両者とも、アメリカの農産物およびエネルギー商品の購入、中国の国内市場へのアクセス増加を含む、いくつかの主要な問題について合意しました。それは、12月にトランプ大統領と中国の習近平氏との間で貿易戦争の90日間の停戦が合意されて以来、二つの超大国の間で対面で行われた初の会合でした。

この記事の翻訳元
Why the Huawei Scandal Will Reignite the US-China Trade War

Pocket

関連記事