ニュース

【Coinbase】ヨーロッパとアジアの大口にクロスボーダー電信送金機能を追加

Pocket

暗号通貨取引所Coinbase (コインベース)は、アジア、イギリス、ヨーロッパの法人向けにクロスボーダー電信送金を開始しています。

Coinbaseは22日(火)に法定通貨がまだ利用できない国の顧客に対して、米国以外の銀行口座からのインバウンドおよびアウトバウンドのSWIFT送金をサポートする予定です。

この新機能により、アジアおよびヨーロッパ、中東及びアフリカの多くの国のCoinbaseのお客様がCoinbaseの暗号通貨の流動性を初めて体験できるようになります。

同時に、同社は米国およびヨーロッパの顧客向けに新しい店頭トレーディングデスクを提供するとともに、アジアの大規模顧客向けに取引および保管サービスを提供すると発表しました。

「CoinbaseのOTCデスクは代理店のみです。つまり、私たちはクライアントと取引したりすることは決してありません」と同取引所は述べました。

この取引所はその地域のヘッジファンド、商社、ファミリーオフィスのCoinbase ProとPrime顧客を対象としていたと語りました。サービスはすぐに利用可能になります。

Coinbaseは昨年11月にOTCトレーディングデスクを開設したと発表しました。

取引所の法人販売を監督するためにCoinbaseは元米国の機関販売責任者であるKayvon Pirestani(ケイボーン・ピレスタニ)氏を東京のオフィスを拠点にアジアの責任者として任命しました。

この記事の翻訳元
Coinbase Adds Cross-Border Wire Transfers for Whales in Europe and Asia – CoinDesk

Pocket

関連記事