ニュース

【SBI】ハードウェア暗号通貨ウォレットメーカーTangemに1500万ドルを投資

Pocket

日本の金融サービス大手SBIはスイスの暗号通貨用の薄型ハードウェアウォレットを製造しているベンチャー企業Tangemに1500万ドル(約16億円相当)を投資したことを発表しました。

Tangemは暗号通貨格納製品を「デジタル資産用のスマート紙幣」と表現しています。銀行カードのように使用可能で、NFC対応のスマートフォンを介してデバイスにロードしたら、店頭決済などでも使用できます。

Tangemは21日(月)にSBIの投資を発表しました。ステーブルコイン、ICO、トークンオファリング、デジタルアイデンティティなど他の分野への技術拡張に役立つと述べました。

資金はデジタル資産ベンチャー企業に投資する子会社のSBI Crypto Investmentから手に入れました。

SBIはTangemの「安価」で「堅牢」な財布製品が暗号通貨や自社製品の需要拡大に役立つ可能性があるため、Tangemに投資したと述べました。

「安全で安価のTangemを活用することで、SBIが提供する他のブロックチェーンサービスの需要が高まる可能性があると考えています。」とSBIホールディングスの代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)である北尾吉孝氏が述べました。

昨年10月、SBIグループはデンマークのブロックチェーンセキュリティベンチャー、Sepiorと提携し、暗号通貨取引所VCTRADE用のデジタルウォレットを開発しました。そして、昨年3月、同グループは台湾のコールドウォレットメーカーCoolBitXの40%の株式を購入しました。

多数のオンライン取引所がハッキングされたことにより、暗号通貨を保管する際ハードウェアウォレットの需要が高まっています。警察庁からの報告によると、2018年の上半期、日本だけでも605.33億円相当の暗号通貨を失っています。別の報告によると、過去18か月間に世界中で8億8000万ドル(約394億円相当)を超える金額がサイバー攻撃で失われています。

この記事の翻訳元
Japan’s SBI Invests $15 Million In Crypto Card Wallet Maker Tangem – CoinDesk

Pocket

関連記事