ニュース

【Amazon】株主:政府に顔認識ソフトの売却を中止

Pocket

Amazonの株主によって組織されている非営利団体Open MicはAmazonが販売するRekognitionソフトウェアについて政府機関に販売を中止することを要求しています。 Rekognitionは精度が低いとテストにより証明されています。

Rekognitionが失敗した要因とは

この顔認証ソフトウェアは、28人の議員を犯罪者と誤認しました。また、テストで顔認証を行った人物はウィキペディアにも掲載されている、いわば有名人です。ソフトウェア制度の低さに対する苦情は一部のAmazonの株主から発信されています。

Amazon株主の懸念は、ソフトウェアがAMZNに責任を負わせるだけでなく、市民の自由を侵害し、人の生活の質を悪くする可能性があると述べました。

プライバシーと市民の自由が大事

Amazonの初期計画はRekognitionを警察のボディカメラデータベースと連結したいと述べました。

株主の発言では、Amazonに人権とプライバシーが侵害されていないことが証明できるまで政府機関へソフトウェアの販売の停止を要求しています。

世界で最も有名な会社はまだ上記の要求に対応していません。彼らは、さまざまな組織からの政府機関へのRekognitionの販売を中止の要求を無視しているのです。 連邦議会黒人議員幹部会を含む多数の組織がAmazonのCEO(ジェフ・ベゾス)氏にRekognitionの懸念について声をあげています。

この記事の翻訳元
Amazon Shareholders: Stop Selling Facial Recognition to Governments

Pocket

関連記事