ニュース

アマゾン、マイクロソフトとグーグルに対抗するため、新しいゲームストリーミングサービスを開発中

Pocket

FAANGやその他のテック系ライバルたちに負けじと、アマゾンは秘密裏にゲームストリーミングサービスを開発中であるようです。強力なサーバー上に保管されたインスタントゲームで、マイクロソフトやグーグルに対抗しようとしているようです。

クラウド基盤のゲームは、ダウンロードやゲームカードが不要であり、ゲーム業界において次の主要な前進となり得るでしょう。

グーグルとマイクロソフトは既にゲーム業界に

グーグルのProject Steamというクラウドゲームサービスは現在ベータテスト中であり、完全な公式発表のニュースはありません。グーグルに関しては、好きなゲームをプレイすることはGoogle Chromeのタブを開くぐらい簡単なことになるでしょう。

マイクロソフトは2018年10月にProject xCloudを発表しました。その公開テストは2019年のどこかで利用可能になり、家庭用ゲーム機とPC上で稼働します。

報じられたところによると、アマゾンは既にパブリッシャーと話し合っている段階ですが、それ自体のサービスは2020年まで発表しないそうです。このニュースは、The Informationに開発を暴露した「計画の概要を把握しているふたり」とのみ銘された人々によってもたらされています。

アマゾンによる正式な発表は今のところありません。アマゾンがシアトルとカリフォルニアで「クラウドゲーム」に従事するエンジニアを採用しているという他の報道もあります。ある業務内容説明では「未発表のAAAゲームビジネス」の基礎作りに関わる機会があることが明かされています。

202億8000万ドルの価値ある業界

アマゾンは既に強力なクラウドサーバーインフラをアマゾンウェブサービス上に持っています。そのため、アマゾンゲームストリーミングサービスは、その広範な技術の品揃えの実用的な追加となります。また、ゲーマーに大人気のビデオストリーミングプラットフォームであるTwitchも所有しています。

もちろん、アマゾンのTwitchはすでにグーグルのYoutubeに対抗しており、現在、主要なテクノロジー企業の間の対立が激化する可能性は高まっています。2020年までにアメリカのテレビゲーム業界の価値は202億8000万ドルになると推測されます。

ナスダックでクローズした今日の取引は、アマゾンの株価がこの前向きなニュースに影響を受けるかどうか様子を見ています。


過去6カ月FAANGとMicrosoftの株の実績 (フェイスブック:青 アマゾン:赤、 アップル:オレンジ 、Netflix:黄色 グーグル:緑、 マイクロソフト:黄緑) ソース: TradingView

2018年のテクノロジー株にとって鈍く不安定であった前の四半期の後、FAANGとマイクロソフトの株価と企業価値の戦いにおいて急上昇が見られるようです。アップル株が売り上げ予想の見直しに伴って急落したのち、同社は生産の削減を発表しました。しかし、アップルの株価は回復を始めました。Netflixは2019年に入ってこれまで連続して上昇しています。

アマゾンのジェフ・ベゾスからこの開発についての発言を聞くことは今のところないでしょう。ベゾスの離婚は今週の報道を賑わせ、世界最大の離婚調停になっています。

この記事の翻訳元
Amazon Developing New Game Streaming Service to Compete with Microsoft and Google

Pocket

関連記事