ニュース

【インド】AmazonとWalmart の株は大丈夫か?インドは電子商取引の規制を強化

Pocket

先月、インドはAmazonとWalmartが所有するFlipkartを含む外国の電子商取引企業に新しい規制を導入し、2つの企業にプレシャーをかけました。

U.S.-India Strategic Partnership Forum(米国 – インド戦略的パートナーシップフォーラム)社長のMukesh Aghi(ムケシュ・アーギ)氏によると電子商取引規制の急激な変化はインドにおける米国企業の成長に深刻な悪影響を及ぼす可能性があります。

AmazonとWalmartは大丈夫?

ダウ平均株価は2週間の回復期を終え、AmazonとWalmartの株価はかなり大きく回復しました。

AmazonとWalmartの株価はそれぞれ2.88%と1.24%の上昇を記録しました。

しかし、インド政府が今後数ヶ月間電子商取引規制を厳しくし続けている場合、AmazonとWalmartは急激な悪影響を受ける可能性があります。

昨年、Amazonはインドの電子商取引市場への参入に50億ドル(約5400億円相当)以上を使用し、WalmartはFlipkartを160億ドル(約1.7兆円相当)以上で買収しました。

「ルールを突然変更しても意味がありません。環境に透明性がないと思われます。」とAghiが述べました。

インド政府がFlipkart社に1月末までに新しい外国の電子商取引法を遵守するようと要求することはビジネスを混乱させる可能性があると述べました。

米国企業にとって悪い立場になる

現在、AmazonとFlipkartは政府と協力して新しい規制を採用し、できるだけ早く適応しています。しかし、新しい規制は短期的に両社の事業に大きな影響を与えると予想されます。

この記事の翻訳元
Amazon and Walmart Stock in Danger? India Tightens E-Commerce Rules

Pocket

関連記事