ニュース

【韓国】3分の2の仮想通貨取引所はセキュリティチェックで不合格

Pocket

韓国の科学技術情報通信部、インターネット振興院と企画財政部は2018年9月から12月までに合計21個もの仮想通貨取引所を調査し、85個のセキュリティ項目を検証しました。

Upbit、Bithumb、Gopax、Korbit、Coinone、Hanbitco、Huobi Koreaの七社だけがすべてのテストをクリアしたとCoinDesk Koreaが10日(木)に報じました。

残りの14個の取引所は、「セキュリティが低いため、ハッキング攻撃に弱い」と述べましたが、プラットフォーム名は挙げられませんでした。当局は、セキュリティの低さを「基本的なPCやネットワークセキュリティなどのセキュリティシステムの確立と管理が不十分である」と判断しました。

取引所は管理、ネットワーク、システムおよび運用上のセキュリティ、データベースのバックアップおよびウォレット管理などを調査していました。

韓国はCoinrailやBithumbなどの取引所でのハッキングにより、何百万ドルの仮想通貨を損失しました。

昨年7月、韓国の金融サービス委員会は政治家に対し、業界のセキュリティを改善させるために、韓国国内の仮想通貨取引所を規制する法案を早急に可決するように求めています。

この記事の翻訳元
Ministry of Economy and Finance

Pocket

関連記事