ニュース

【日本】金融庁が仮想通貨の上場投資信託を承認

Pocket

7日(月)の報道で、金融庁は現在企業仮想通貨の上場投資信託の関心度を確認しており、承認する可能性があると「この問題に精通している」人が述べました。

自民党は2019年3月に立法案を提出すると伝えられていますが、これには既存の金融規則を改正する可能性があります。同法案は、業界に対するより自主規制的な監督をもたらし、2020年までに多くのICOトークンは有価証券として分類する可能性があると指摘していました。

しかし報道は製品が主に投機につながるとの懸念から金融庁で暗号デリバティブ取引の承認を含める計画をFSAが廃止したと付け加えた。

1月のコインチェック取引所の大規模なハッキングで約5億3,300万ドル(約580億円相当)の仮想通貨が盗まれた後、日本での仮想通貨スペースに対しての調査が更に厳しくなりました。

米国も仮想通貨の上場投資信託の発売を計画していますが、証券取引委員会(SEC)はまだ承認していません。 昨年8月に遡り、証券取引委員会は詐欺的な不正操作を防止するために9件のビットコイン上場投資信託申請書を拒否し、12月にVanEck / SolidXの製品発売の決断を今年2月まで延期しました。

さらに、証券取引委員会会長Jay Clayton(ジェイ・クレイトン)氏は去年11月のCoinDesk Consensusで市場操作に関する懸念が説明されるまで、仮想通貨上場投資信託の承認への道が見えないと述べました。

この記事の翻訳元
Japan's Financial Regulator May Approve Crypto ETFs: Report – CoinDesk

Pocket

関連記事