ニュース

【バンク・オブ・アメリカ】ブロックチェーンを活用した「現金処理装置」の特許を出願

Pocket

最新の特許出願情報によると、バンク・オブ・アメリカはブロックチェーン技術で機能するATMの共有ネットワークに注目しています。

この出願は25日(火)に米国特許商標庁(USPTO)によって公表されました。現金処理装置がブロックチェーン技術を利用したシステムで「取引速度を向上させ、複数の種類の取引を促進させる」と説明していました。

ブロックチェーン技術はこのようなデバイスに「現金輸送の必要性を減らしながら大量の取引量を処理できる」と述べました。

バンク・オブ・アメリカは特許で「この技術は多目的かつマルチテナント- いろんな人が同じソフトウェアシステムを利用することができ、ブランドやマーケティングのためにさまざまなサービスを提供する機能が必要」と述べました。

バンク・オブ・アメリカは顧客が同じATMネットワークを介して送金することができ、またはATMを利用しビデオ通信にアクセスすることも可能にするサービスを実装しようとしています。

特許が説明しているように、これを行うにはシステムは完全な暗号化と安全性を備えた「オープンで堅牢な」データ転送層を実装します。

ATM管理、シグナリング、および非金融機関や金融機関の取引をサポートするデータ転送は、クラウドプラットフォームに厳密に伝達されます。その後のWebおよびアプリケーションサービスのホスティングにより、安全でスケーラブルな運用が可能になります。

これまで、バンク・オブ・アメリカは、ブロックチェーン分野で知的財産権に関する特許出願の取り組みを行なっており、2018年11月時点でブロックチェーン分野で50以上の特許を有しています。

この記事の翻訳元
Bank of America Files for Blockchain 'ATM as a Service' Patent – CoinDesk

Pocket

関連記事