仮想通貨の基礎知識

仮想通貨に忍び寄る「51%攻撃」の魔の手とは?その全貌を徹底解説!

Pocket

皆さんは「51%攻撃」という言葉を聞いたことがありますか? 51%攻撃とは仮想通貨のネットワークを支配し、不正な取引を行わせるための手法なのですが、なかなかその詳細をご存知の方は少ないはず。

また、51%攻撃に対して出来る対処法はあるのか、もし51%攻撃が起きてしまったらどうすればいいのか……など、51%攻撃にまつわる疑問はいくつもあることでしょう。

今回は、そんな51%攻撃の仕組みや対処など、その全貌を徹底解説していこうと思います。

51%攻撃とは?

51%攻撃とは、その名の通り仮想通貨の持つネットワークの51%以上を支配することで、支払いの妨害や取り消し、不正なビットコインの入手などが可能になってしまう、いわばクラッキングの一種のことを指します。

では、何をもって51%を支配したと言えるかといえば、それはマイニングの計算能力を51%以上把握した時点で51%を掌握した、ということになります。つまり、全世界で行われているマイニングのうち51%以上が悪意あるものとなれば、その通貨は改ざん可能となってしまうということですね。

これには、仮想通貨が用いているブロックチェーン技術に原因があるのです。

過去の取引情報を連結させて情報をセキュアに保っているブロックチェーンでは、ごくまれな条件下で二手に分岐することがあります。

この分岐が発生した際は、しばらくマイニングを続けて一定時間でより長くチェーンがつながったほうを正式なブロックチェーンとして採用するという仕組みになっているのです。

そしてこの仕組みを悪用し、過半数以上のマイニングパワーをもって不正なブロックチェーンを長く伸ばし、本当は弾かれてしまうべき取引を過半数の力をもって承認してしまうのが51%攻撃の仕組み。

この51%攻撃は、例えばビットコインのような超巨大ネットワークを持つ通貨ならばあまり懸念されませんが、中小以下の草分け的な通貨ではそもそも存在するマイニングを行う計算能力が小さいこともあり、非常に大きな問題となり得ます。

仮想通貨において、中央集権型ではなく分散型の取引が可能となっているのは、ブロックチェーン技術をはじめとした取引を安全かつ正確に行う技術のおかげ。それが51%攻撃によって脅かされてしまうことある、というのを覚えておくといいでしょう。

51%攻撃に備えるには

それでは、51%攻撃に対して私たちが出来ることはあるのでしょうか?

上記の通り、51%攻撃とは膨大な計算リソースを用いて行われるもの。ということで残念ながら、対症療法的に私たちが何かをするというのは非常に困難だと言えるでしょう。

しかし、対症療法がダメでも予防療法なら可能。
ということで、以下でいくつかの備える方法をご紹介したいと思います。

51%攻撃に晒されやすい通貨を知っておく

まず初めに、51%攻撃を受けやすいとされている通貨を知っておき、それに対する取引をしない・あるいは手元のウォレットに持っておく、ということが挙げられます。

例えば先日51%攻撃を受けてしまったビットコインゴールド(BTG)や、モナコイン(Mona)はその代表例と言えますね。

また、51%攻撃を受けやすいとされている通貨は、「51crypto」というサイトで閲覧することが出来ます。詳細な見方は今回省きますが、気になる方は是非一度チェックしてみるといいのではないでしょうか。

情報を詳しく確認しておく

そしてもう一つ挙げられる予防策は、きちんと仮想通貨界隈の情報を得ておき、何かしら通貨が51%攻撃に晒されてしまっているという情報を素早く得られるようにしておくことが挙げられます。

もし何か自分が持っている通貨が51%攻撃を受けてしまっていたら、しばらくその通貨の高額な取引は差し控えておくなどの対処が必要となります。

その仕組み上、51%攻撃で自分の持っている通貨が盗まれてしまったり、その情報自体が改ざんされてしまうということはありませんので、安心して通貨を大事に持っていて下さいね。

おわりに

今回は、仮想通貨ネットワークの攻撃手段のひとつである51%攻撃についてご説明いたしました。あまり頻繁に発生する攻撃ではありませんが、それと同時にいつ起こるか分からない攻撃でもあります。

そこまでピリピリしながらアンテナを張っておく必要はあると思えませんが、何か起きた際にきちんと情報をキャッチし、正しい判断が出来るようにしておきましょう。

Pocket

関連記事