仮想通貨の基礎知識

仮想通貨のマイニングで使うASICとは?その特徴やGPUマイニングとの違いを徹底解説!

Pocket

仮想通貨取引において、ブロックチェーンの正当性を承認することでその対価として通貨を得る作業、通称「マイニング」。先日の仮想通貨の暴騰をきっかけとして、マイニングを行う人口やマシンの数は恐ろしいほどの急上昇を遂げました。

そして、このマイニングを行うために用いられる機材として、大きくASICとGPUの2つが挙げられます。それでは、この2つはいったいどのようなもので、どのような特徴があるのでしょうか?

今回はこの2つのうち、特にASICのほうに焦点を当てながら特徴やメリット・デメリットをご紹介していこうと思います。

ASICとは?

それではさっそく、ASICとはいったいどのようなものなのか、ご紹介していきましょう。

ASICはApplication Specific Integrated Circuitの略で、日本語に訳すると「特定用途向け集積回路」という意味です。

広義では名前の通りいろいろな分野に特化した集積回路のことを指し、例えば高速な処理が必要とされるネットワーク機器や画像処理装置などに用いられているものが挙げられますが、仮想通貨関係ではしばしばマイニング向け集積回路のことを指します。今回は後者である、マイニング向けの集積回路についてお話ししますね。

このマイニング向けASICは、マイニングにおいてよく用いられる演算に特化した設計をされている集積回路で、通常のCPUなどに比べ高いマイニング性能を誇るものなのです。

とはいえ、「よく用いられる演算」と言われてもピンと来る方は少ないでしょうから、簡単にご説明しましょう。

通常皆さんが使っているスマホやパソコンに搭載されている集積回路(CPUなど)は、さまざまな演算に対応するべく、さまざまな電気回路が詰め込まれています。足し算・引き算をする回路、データをやり取りする回路、画面を表示する回路、などなど……。

そのため、何かの機能に特化させようとしても他の機能が発熱などで足を引っ張り、結果として特化した性能の向上は難しくなってしまうのです(この表現は厳密に言うと不適切ではありますが)。

しかし、ASICは違います。そもそもASICは何かの機能に特化して設計されるため、マイニング向けASICであればマイニングに用いる機能しか搭載する必要がありません。つまり、通常の集積回路に比べてよりマイニング性能を高めることが可能になるのです。

他にも、マイニングに用いられる機材としてGPU(Graphics Processing Unit)がよく挙げられます。GPUはその名前の通り、本来はCGなどの描画支援を司る機材であるものの、CPUほど総合的な機能は必要ありません。これがGPUもマイニングに用いられる理由である、と考えて頂ければ差し支えないでしょう(やはり厳密には異なりますが)。

ASICのメリット・デメリット

それでは次に、ASICのメリット・デメリットについて、簡単にご説明していきましょう。

ASICのメリット

それではまず、ASICのメリットからご紹介します。

ASICのメリットとしては、やはり上述した通りマイニング性能が段違いに高いことが言えるでしょう。もちろんGPUなどでもある程度の性能を出すことは出来ますが、やはりマイニングに特化して作られた機材ですから、ASICは突出したスペックを持っています。

これにより、上手く運用することでマイニングによる大きな利益を得ることが出来るようになったのです。

ASICのデメリット

では次に、ASICのデメリットについてです。

ASICの一番大きなデメリットは、その機材が他のことに流用出来ないことです。GPUやCPUであれば個人利用に供することも出来ますが、ASICは元々マイニングのみに特化しているため他の使い道がありません。

また、マイニングにはかなり複雑な計算を必要とする関係上、ASICは膨大な電気を使用します。そのため仮想通貨の相場によっては、マイニングすればするほど電気代がかさみ、マイナス収支となってしまうことすらあるのです。

おわりに

今回は、マイニングでしばしば用いられるASICについてご説明しました。

このようにメリット・デメリットを列挙するとそれほどASICが優れているものとは見えないかもしれませんが、実際マイニングを行う上でその演算力は非常に頼りになるもの。なかなか一般の方が手を出せるものではないものの、一度調べてみると面白いかもしれません。

Pocket

関連記事