仮想通貨取引所

仮想通貨における分散型取引所(DEX)とは? 中央集権型取引所(CEX)との違いを徹底解説!

Pocket

皆さんは「DEX」や「CEX」という言葉を聞いたことがありますか?

日本語に訳すとそれぞれ「分散型取引所」「中央集権型取引所」と呼ばれるこれらは、しばしば仮想通貨に関する話の中で出ては来るものの、きちんとその意味を把握している方は少ないのではないでしょうか。

ということで今回は、この分散型取引所(DEX)に焦点を当て、中央集権型取引所(CEX)との違いやそのメリット・デメリット、実例などについてご紹介していこうと思います。

分散型取引所(DEX)とは?

分散型取引所とは、その名の通り中央集権的な管理者がいない、各々のユーザーへと分散された取引所のことを指します。
とは言っても、これだけではなんのことかさっぱり分からないですよね。

しかし、この分散型取引所についてご説明するためには、まず中央集権型取引所がどのようなものか分かっていないと少々厳しいもの。ということで本題へと入る前に、中央集権型取引所について軽くご説明させて頂こうと思います。

中央集権型取引所(CEX)とは?

中央集権型取引所とは、従来の取引所のように中央集権的な管理者が取引を媒介するような取引所となっています。通常の株取引のような取引所をイメージして頂けると良いのではないでしょうか。

この中央集権型取引所のデメリットとして、管理者の持つ秘密鍵が個人のそれに比べ、膨大な資産へとアクセス出来てしまうということが挙げられます。事実、先日発生したコインチェックの通貨流出事件などはこれが原因で発生しました。

分散型取引所(DEX)の仕組み

それでは話を戻して、分散型取引所の説明に移りましょう。上述したように、従来のような中央集権型取引所では情報漏洩の懸念などがあり、なかなか安心して取引が出来なくなっていました。

そこで登場したのが今回ご紹介する分散型取引所です。これによって中央集権的な管理者を設けず、ブロックチェーン技術を用いることで各々が通貨を管理しながら取引が出来るようになりました。

CEXでは管理者を介して通貨のやり取りを行っていたのに対し、DEXでは管理者は取引の「情報」のみを介在するのみで、通貨そのものは個人どうしのやり取りとなった、ということですね(厳密に言うと若干異なるのですが)。

分散型取引所(DEX)のメリット

これにより、中央集権型取引所のときのように管理者の秘密鍵が漏洩して通貨が流出してしまうような懸念はなくなりました。これこそ分散型取引所の大きな利点であると言えるでしょう。

また、中央集権ではないため、管理者のサーバメンテナンスやサーバダウンなどといったものへの心配もほぼ無くなり、システム的にはリアルタイムな取引が保証されることも分散型取引所のメリットのひとつでしょう。

分散型取引所(DEX)のデメリット

しかし、もちろんDEXにも課題はあります。そのうちのひとつとして、取引成立の困難さが挙げられるでしょう。現状、やはりまだまだCEXに比べてDEXの利用者が少ないこともあり、うまく取引の需要と供給がマッチングしないのです。

その結果、いくらシステム的に遅延がほぼ発生しないとはいえ、結局相手が見つからないため取引成立に時間がかかってしまう、という事態がしばしば発生しています。

他にも例えば、管理者が媒介してくれないということは法定通貨と仮想通貨の換金が行えないということを意味していたり、CEXに比べて匿名性が高いためマネーロンダリングなどに用いられてしまうなど、いくつかの課題も孕んでいると言えるでしょう。

おわりに

ということで今回は、分散型取引所(DEX)についてご説明しました。DEX自体はそこまで目新しい技術ではないものの、上述したコインチェックの通貨流出事件などの影響もあり、近年急激に脚光を浴びているもの。抑えて置いて損はないのではないでしょうか。

ブロックチェーンという最新の技術により、今まで当たり前とさえされてきた取引の媒介者がいない、DEXのようなものが生まれました。今後、いったいどのような技術が生まれてくるのか、非常に楽しみですね。

Pocket

関連記事