アルトコイン

今話題のTenXを徹底解説!TenXカードで仮想通貨が使えるってホント?

Pocket

突然ですが、TenX(テンエックス)をご存知でしょうか? このサービスを使えば、仮想通貨と現金(法定通貨)の交換をシームレスに行うことができます。つまり、仮想通貨での決済に対応していない実店舗であっても、TenXを利用することで、仮想通貨による決済が可能となるのです。

この記事では、TenXの概要や、TenXカードの原理、今後の可能性について紹介します。

TenXとは?

TenX(テンエックス)とは、シンガポールにある会社で、仮想通貨の決済サービスを提供している会社です。また、後述するTenXカードのこと、およびその決済システムを「TenX」と称することもあります。

また、TenX社はICOのために仮想通貨を発行しています。発行した仮想通貨は「PAY」と呼ばれています。この「PAY」は、後に紹介する革新的な決済プラットフォーム「COMIT」においても重要な役割を果たしています。

TenXカードの概要

TenXカードとは、簡単に言うと、デビットカードの仮想通貨版のことです。デビットカードは決済時にユーザーの預金残高から引き落としを行いますが、TenXカードの場合は、ウォレット内にある仮想通貨をリアルタイムで現金に置き換え、決済を行うことができます。

これまではウォレットからカードに通貨を一度移動し利用することができるサービスがありましたが、TenXでは、決済を行うその瞬間の相場にあわせて仮想通貨と現金(法定通貨)が交換されます。

この、商品購入を行う瞬間のレートで自動的に換金される機能が、TenX最大の特徴と言っても過言ではないでしょう。

この換金システムには、TenXが独自に開発しているクロスチェーン決済ネットワーク「COMIT」(Cryptographically-secure Off-chain Multi-asset Instant Transaction network)を利用しています。

「COMIT」では、ビットコインやイーサリアム、ダッシュなどの仮想通貨と、PAYを交換し、PAYと現金(法定通貨)を交換する、という2段階の処理を行っています。

このプラットフォーム「COMIT」により、様々な仮想通貨を自由につなぎ合わせ、ウォレット内におけるスムーズな通貨間取引を可能としているのです。

現在は、多くの仮想通貨決済カードと同様にTenXカードの新規発行は停止されていますが、VISA加盟店であればTenXカードでも決済できるような仕組みを現在用意しているようです。

なお、TenXでは、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインを利用することができます。

TenXで決済取引が変わる?

これまで仮想通貨が現実世界に普及する大きな障害の一つに、仮想通貨を決済に利用できる店舗の少なさがありました。

しかも、仮想通貨はビットコインだけではなく、様々なアルトコインが存在するため、ユーザーが保有する仮想通貨とマッチングさせるのが難しい、という問題もありました。

しかし、TenXカードを使えば、クレジットカードで決済が行える店舗であれば、仮想通貨決済のシステムを導入しなくても、商品を購入したり、サービスを受けたりすることが可能です。このことは、仮想通貨の普及に大きく寄与する可能性があります。

また、TenX社が発行しているトークン「PAY」を所有することにも、大きなチャンスがあります。PAYを所有していると、全世界におけるTenXの利用額の0.5%を、PAY保有数に応じイーサリアムとして配当を受けることができるのです。

また、個人としてTenXカードを利用した場合でも、利用額の0.1%がPAYとして還元されます。

このように、TenX社は、TenXカードの普及に大きなインセンティブを用意しています。TenXカードが広まれば、我々の日常の決算取引も、大きくその姿を変えることでしょう。

また、それだけではありません。TenX社が開発したプラットフォーム「COMIT」は、TenX社が所有するのではなく、オープンソースソフトウェアとして、全世界の人々の公共資産として扱われます。

COMITが、TenX社のみならず他の企業により活発に利用されることで、様々な仮想通貨・決済取引関連のサービスが生まれる可能性もあると言えるでしょう。

おわりに

この記事では、TenXの概要や、独自トークン「PAY」を使った仮想通貨のクロスチェーン決済ネットワーク「COMIT」の仕組み、TenXカードの利用メリットや、TenXカードによる仮想通貨の普及に大きく寄与する可能性について紹介しました。

TenXカードの発行再開が待ち望まれますね!

Pocket

関連記事