ニュース

【McAfee】:2018年に仮想通貨マイニングマルウェアが40倍以上増加

Pocket

McAfeeの調査によると、仮想通貨マイニング*マルウェアは今年で40倍以上も増加しました。

米国サイバーセキュリティ企業の2018年12月の報告書によると、2018年の第3四半期だけで新たなマイニングマルウェアが約400万件にも上りました。2017年と2016年は50万件以下でした。

2018年第3四半期に悪質な暗号通貨マイナーが55%近くに増加し、過去4四半期と比べてマルウェアが4,467%も増加しました。

「多くのランサムウェアの人は、仮想通貨マイニングなどのより収益性の高いビジネスモデルに転換しています。」とMcAfeeの調査レポートに記されています。

McAfeeによると、サイバー犯罪者は仮想通貨マイニングのIoTデバイスをターゲットにしているという傾向が増えています。これらのデバイスをターゲットにしている新しいマルウェアは過去4四半期に72%増加し、IoTをターゲットしたマルウェアは203%にも増加しました。

McAfeeセキュリティ研究者であるRemco Verhoef(レコム・バーホフ)氏は次のように述べました。
「IPカメラやビデオレコーダーなどのルーターやIoTデバイスはデスクトップのCPUほど強くないため、仮想通貨マイナーが利用するとは思っていませんでした。しかし、セキュリティ管理が不十分のため、サイバー犯罪者はCPUのスピードよりもCPUのボリュームを利用しています。彼らが何千台ものマイニングデバイスを制御できるとすれば彼らはまだお金を稼ぐことができます」

Verhoef氏はまた、McAfeeがOSX.DummyというMac OSのウイルスが暗号通貨チャットグループに配布されていると発表しました。このマルウェアはオンラインで公開され、ユーザーが「仮想通貨の問題」を修正するためのソフトウェアをダウンロードした後、悪質なコードを注入すると示唆していました。この場合、ユーザーは自分でデバイスを感染させたと彼は説明しました。

中国は7月に100万台以上のパソコンがハッキングされ、2年間にわたって200万ドル以上の仮想通貨をマイニングされたことが発覚しました。ソフトウェア会社のCitrix社の調査によると、8月に60%近くの英国の企業が仮想通貨マイニングマルウェアに襲われたと発表しました。

*マルウェア (malware) とは、不正かつ有害に動作させる意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称です。

この記事の翻訳元
McAfee: Crypto-Mining Malware Grew By Over 4,000 Percent in 2018 – CoinDesk

Pocket

関連記事