ニュース

中国のインターネット裁判所がオンライン盗作事件でブロックチェーンを使用

Pocket

中国東部の都市杭州で開設されたインターネット裁判所はオンラインライターの盗作をなくすためにブロックチェーンを利用することになりました。杭州市は中国初のインターネット裁判所を開設し、インターネット関連の訴訟対処の時間を短縮するためにシステムを利用しています。

リリースする時、裁判所は電子版の訴訟と提起を受け入れ、インターネット関連の事件を生配信形式で評決します。原告は政府発行の身分証明書またはAlipayアカウントを通じて身元を確認することができます。

杭州インターネット裁判所は、中国におけるインターネット管理局として、多様なインターネット紛争を解決するために活動しています。

杭州市の濱江地区には100人以上の人気オンラインライターが住む「作家の村」があります。これらの作家は長年に渡って著作権侵害に関する問題を抱えており、作品の所有権を証明することはますます難しくなっています。これらの作家はダウンロードされたコンテンツやスクリーンショットを所有権の証拠として利用していましたが、これらの「証拠」は簡単に偽造され、証拠として効果がありません。

裁判所は著作権侵害訴訟の証拠にブロックチェーン技術を利用

電子データは著作権侵害の証拠になると杭州インターネット裁判所が主張しました。杭州インターネット裁判所は分散型台帳技術やブロックチェーン記録されている証拠を改ざんすることは、「ほぼ不可能だ」と述べました。

中国は最近他の法執行機関でもブロックチェーンを利用しています。

この記事の翻訳元
Chinese Internet Court Uses Blockchain To Combat Online Plagiarism

Pocket

関連記事