ニュース

ブロックチェーン技術でニュージーランドのIT輸出を向上させる

Pocket

ニュージーランド全体の収益で第3位を誇るIT部門の輸出は、ブロックチェーン技術により更に向上する可能性があります。
ニュージーランドのイノベーションエージェンシーであるCallaghan Innovation(カリガン・イノベーション)が発表した報告書によると、ブロックチェーン技術を導入することにより、収益増大の伸びしろが大幅にあると述べました。現在、ニュージーランドのIT部門は年間160億ニュージーランドドル(約1兆2億円相当)を越え、10万人以上の雇用をしています。

IT輸出に加えて、「分散台帳とブロックチェーン – ニュージーランドのチャンス」と題したレポートには、太平洋諸国が利益を得る他の方法も挙げられています。これには、高所得者の技術職なども含まれます。

所得税収の増加

しかし、この報告書はブロックチェーンの新興企業は世界各地に人材を派遣しがちで、ニュージーランドは技術者の居住地として選ばれることを確実にするよう努力すべきであると指摘しました。

さらに報告書によると、分散台帳技術は他の分野のもとと合わせることで役に立ち、それで経済成長を促すと述べています。例えば、金融、クリエイティブ、教育、サプライチェーン、医療、輸送、エネルギー産業が含まれます。

Joshua Vial氏の報告書によると、ブロックチェーン技術は透明性の向上、詐欺の防止、信頼の確立によってニュージーランドの公共サービスを変える可能性があると述べています。

現在のハードル

しかし、ニュージーランドがブロックチェーンテクノロジーを利用するためにはブロックチェーンセクターのために環境づくりをするべきであると報告書には記されています。これには、ブロックチェーン企業から銀行へのアクセスができるようにすることが含まれています。

ブロックチェーン企業は厳しい反マネーロンダリング制度で金融機関の基本サービスがほとんど利用できません。この点については国の金融監督当局と中央銀行に協力を要請しています。

この記事の翻訳元
Blockchain Technology Tipped to Boost New Zealand’s IT Exports: Report

Pocket

関連記事