ニュース

ビットコインに友好的なRevolut、ヨーロッパの銀行業ライセンスを取得。「銀行版アマゾン」となることを目指す

Pocket

銀行取引の電子的な代替手段であり、アプリ内にビットコインと暗号通貨の取引所を備えるRevolutは、ヨーロッパの銀行業ライセンスを取得し、機能や姿勢そのものを「銀行版アマゾン」と呼べるまで拡大しようとしています。

Revolutはヨーロッパの銀行口座を提供する

イギリス国内で最も活発なフィンテックスタートアップであり続ける、ロンドンを拠点とするこのユニコーン企業は、現在の製品に加え、ヨーロッパの顧客に従来の銀行サービスを提供開始する許可を受けたと木曜日に発表しました。

まずは、ふさわしい地域にいるRevolutの顧客は、直接的な預け入れ契約を行うことができ、ヨーロッパ預金保険制度を通じて10万ユーロまでの預金保険を受け取ることが出来ます。後に、同社は当座借越保護や個人向け・事業者向けローンを展開していくつもりです。

この発展について、Revolutの創立者でありCEOのNikolay Stronskyはこうコメントしました。

「現在、銀行業ライセンスが保証されたので、手数料無料の株式取引は首尾よく進行していますし、新たに五つの国際市場が発表に向けた最終段階に入っており、『銀行版アマゾン』という評判にいよいよ沿ったものになりつつあります。我々のビジョンはシンプルです。最適な技術と価値でユーザーが金融生活をあらゆる方向から管理できるような、何千万ものユーザーを抱えるひとつのアプリケーションとなることです」

他の銀行が暗号通貨を避ける中、Revolutはそれを受け入れる

この出来事は、従来型の銀行に食い込もうとする新興企業にとっての大きな前進を表すと同時に、暗号通貨業界にとっても特別な意義を持っています。暗号通貨企業、特に取引所は、安定した提携先銀行を見つけようとするにあたってしばしば大きな障害に直面します。多くの金融機関は新興の技術に対して慎重なままだからです。

しかしながら、CCNが報じたとおり、Revolutは暗号化技術の出現を歓迎しています。同社はアプリ内の暗号通貨取引所を昨年発表したほか、顧客がビットコイン、リップルやその他暗号資産でのキャッシュバックを、アプリを通じて受け取ることができるようになるデビットカードをお披露目しました。これらのサービスはその他の製品と並行して存在し、一部の顧客は間もなく一般的な銀行口座を利用できるようになります。

Revolutは最近、計3億4000万ドルを調達した資金調達ラウンドに続いて、17億ドルの評価額を得ました。同社はヨーロッパに300万以上の顧客を抱えており、毎日1万もの新たな顧客が契約していると主張しています。それらの顧客は一月当たり40億ドルを取り引きしており、それによってRevolutの収益は過去12ヶ月間で5倍に増加しています。

アメリカの人気取引アプリであるRobinhoodのように、Revolutは最近、来年の早い段階でイギリスとヨーロッパ各地における顧客向けの手数料無料の株式取引を追加することを発表しました。

同社は、2019年初旬にアメリカ、カナダ、シンガポール、日本、オーストラリア、ニュージーランドに進出するという、大掛かりな世界への拡大計画も発表しました。

この記事の翻訳元
Bitcoin-Friendly Revolut Receives European Banking License

Pocket

関連記事