ニュース

ドイツ2位の証券取引所、『手数料無料』で仮想通貨の取引所をスタート

Pocket

ドイツ2位の証券取引所である“シュトゥットガルト証券取引所”は、ドイツのソラリス銀行と手数料無料で仮想通貨取引所のインフラを共同開発すると発表しました。

仮想通貨信者の中には、大手銀行が仮想通貨業界に参入することを歓迎している人もいますが、仮想通貨の特徴である分散型の性質に反すると思っている人々もいます。しかし、市場が進化しより高度な金融統合に移行することを止めることはできません。

『手数料無料』の仮想通貨取引所を設立

シュトゥットガルト証券取引所は5月に手数料無料の仮想通貨取引アプリをリリースしたいと発表し、現在プロジェクトの開発が進んでいるようです。 シュトゥットガルト証券取引所はソラリス銀行と協力しあってビジョンを実現しています。

新しい仮想通貨取引所は2019年上半期にリリースする予定です。取引所は、ソラリス銀行の金融プラットフォームを利用しそれがプロジェクトの土台になります。

シュトゥットガルト証券取引所は1860年に設立され、ヨーロッパでは第9位の規模を誇る取引所であり、これにより手数料無料の仮想通貨取引所の信頼性がより向上します。

ハイブリッド取引所構築に協力

シュトゥットガルト証券取引所とソラリス銀行は12日(水)に共同開発について発表しました。

ソラリス銀行CEOであるRoland Folz氏は、「法定通貨と仮想通貨の両方が流通する金融業界を見通す上で基礎的な役割を果たすだろう」とプロジェクトの可能性について非常にいい評価をしました。

ドイツの金融監督機関であるBaFinとBundesbankは最大10万ユーロ(約1290万円)までの資産は保証され、安全な取引所が利用可能になります。また、Bitcoin(BTC)とEthereum(ETH)の取引も可能になり、今年初めに発表されたICOプラットフォームも開発中です。

主要な金融機関と仮想通貨業界が密接になるにつれ、手数料が無料の仮想通貨取引所などの共同プロジェクトが一般化し、信頼性を求めている潜在的な投資家にとっては朗報になるでしょう。

この記事の翻訳元
Major German Stock Exchange to Launch Zero-Fee Crypto Exchange

Pocket

関連記事