ニュース

米国政府、偽造防止ブロックチェーンソリューションに最大80万ドルを支援

Pocket

アメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)は、ブロックチェーンスタートアップによる偽造防止ソリューションに最大80万ドルの資金援助を行おうとしています。

DHSとその部署である科学技術局(S&T)は、4つの段階にわたって展開される非希薄的資金援助を、シリコンバレーイノベーションプログラム(SVIP)を通じて行うことを火曜日に発表しました。非希薄的資金援助とは、支援を受けた団体が、受けた資金と同額を売り上げる必要はないということです。

資金援助プログラムはDHSの12月の提案書にある、「免許や証明書の偽造と不正の防止」に関連しています。その提案書で、同機関は、ブロックチェーンを活用して偽造文書作成の防止を強化しようとしています。

「DHSは、国土安全保障上の脅威に対し優位にあることを確かにするために、このコミュニティから発生した技術革新を必要としています。」と、SVIPの取締役であるMelissa Ohは述べました。

支援を受ける資格を得るために、ブロックチェーンスタートアップは、旅行、市民権、移民、雇用の承諾、また国境を越えた石油や原料の動きを含む、様々なユースケースをカバーしたソリューション提案を行う必要があります。

この資金援助は、昨年政府との間に100万ドル以上の契約がなく、応募時の従業員数が200人以下のスタートアップと小規模事業者に対して開かれている、とDHSは示しました。

「広義の国土安全保障の目的には、旅行、雇用適正、移住状況、サプライチェーンセキュリティを含む様々な目的のための、権利、免許、証明書の発行が含まれています」とSVIPの技術責任者であるAnil Johnは述べました。

彼はこうも付け加えました。

「ブロックチェーンと分散型台帳技術を利用した、現在紙面が基本である信用証明書の電子発行の実現可能性と有用性を理解することは、その紛失、破壊、偽造と不正を防止するために必要不可欠なものです。」

DHSは2015年初旬、ブロックチェーン技術のより良い理解のため、小規模事業者からの調査提案を認可することを表明して以来、ブロックチェーン技術に関心を示してきました。さらに最近、同機関は提案書に先立って、暗号通貨の用途ならびに、モネロやZキャッシュのようなプライバシーコインを利用した取引追跡の実現可能性について論じた文書を公開しました。

この記事の翻訳元
US Government Offering Up to $800K for Anti-Forgery Blockchain Solutions – CoinDesk

Pocket

関連記事