ニュース

Mark Yusko氏「米取引証券所はおそらく大不況、ビットコインは長期的には有望」

Pocket

学生ローン、クレジットカード負債、住宅ローン、法人融資、その他借金の類が米証券取引所に大きな圧力をかけています。長期間を見越して、Mark Yuskoは、新興の市場とビットコインが、投資家にとって長期にわたり発展しうるものだと考えています。

CNBCのFast Moneyという番組で、Morgan Creek Capital ManagementのCEOであり投資部門の責任者であるMark Yusukoは、「溶けつつある」アメリカの株式市場への懸念を表明し、企業が抱えきれない負債を積み重ね続けている市場状況を警告しました。

多様な負債が最多記録を更新し続けるにつれて、アメリカ経済への圧力がクレジットバブルの崩壊を招き、市場に深刻なダメージを与えるとYuskoは説明しました。

先週、米国証券業金融市場協会は、アメリカにおける法人の負債が9兆に到達し、2月年以内に二倍になると報じました。

Yuskoは次のように述べました。

「私の考えでは、今年は溶けゆく氷の塊のようにゆっくりと溶解が進むでしょう。来年は、経済の鈍化により状況はもっと悪くなり、おそらく2桁の減少があります。そして重大な2020年には、クレジットバブルの崩壊が始まります。どの企業も少額の負債を大量に抱えて、レバーを切りすぎました。S&Pの企業の14%がEBITDAの今後3年間の負債を処理できません。」

ビットコインは確かな賭けか?

長期的には、ビットコインは、分散型ネットワークのように、資産のパフォーマンスが広範な金融市場に左右されないため、ポートフォリオに入れておくには良い資産であると、Morgan CrerkのCEOは主張しました。

過去7カ月にわたり、様々な他のあり得る触媒の間で、ビットコインの値動きにおける先物取引への予期せぬ衝撃により、資産クラスは約8000億ドルの最高値から80%の下落を経験しました。

しかし、Yuskoは、彼自身が長距離を走っている「ビッグ・ブル」で数年以内に到着するとし、主要な暗号通貨はより多くの使用、認知、採用を達成し、最終的には価値を回復するだろうと力説しました。

彼の主張は次の通りです。
「ビットコインは長期にわたり愛されるべきです。私は、ビットコイン価格の先物取引に対する影響について完全に間違っていました。私は、それが安定した通貨であるために、再担保を得ることや人工的な物価圧力をかけることはできないと考えていました。先物取引が終了するすぐ前にそれらも終了し、多くの圧力がかけられます。しかし、我々がより多くの用法を進めるにつれ、それが価値の貯蔵であるというアイデアを人々が受け入れ、ユースケースは増加し、我々は今、1日に45億ドル相当の日ビットコインを取り引きしています。用法は大きく増加し続け、長期的にはかなりの上げ相場です。」

ビットコインは最高値の19500ドルから80%近くの下落を続けています。最近の売却の大きさを考えると、今ビットコイン市場に入った投資家は、おそらく近い未来に比較的早い上昇を経験するだろうとYuskoは述べました。

20倍の利益

今後10年で、ITバブルに続くインターネット部門のケースのように、投資に対して10~20倍の利益があり得るとYuskoは付け加えました。

「10年間にわたり、自分のお金を20倍にすることも可能だと思います。本当です。不釣り合いな利益が分析されるまれな資産クラスのうちのひとつだと思います。1年の期間でそれを言うのは難しいですが。」

この記事の翻訳元
Yusko: Bloodbath in US Stock Market Likely, Bitcoin a Good Long-Term Bet

Pocket

関連記事