ニュース

タイ政府は脱税を防ぐため、ブロックチェーンの導入を検討

Pocket

タイ政府機関は、付加価値税(VAT)の支払いを追跡する手段としてブロックチェーン技術の導入を試行しています。

3日(月)バンコクポストからの報告によると、タイの税務署は、不正な付加価値税の払い戻し請求を防ぐためにブロックチェーンの導入を検討しているとのことです。
*付加価値税は、商品やサービスに課される消費税の一種です。

タイの税務署署長であるEkniti Nitithanprapas氏は、ブロックチェーン技術はVAT請求書の検証ができ、不正な請求書を排除できると述べました。タイ税務署は、脱税や詐欺行為を防ぐために、機械学習、人工知能、ビッグデータなどの新興技術を活用することを
計画しています。

今年5月、中国の税務署でも同様の取り組みが行われていました。当時、深圳国税局は脱税撲滅のためにインターネット大手テンセントと提携し、ブロックチェーンを活用していました。

このプロジェクトは、ブロックチェーンプラットフォーム上に商品やサービスの購入証明としてデジタル請求書を作成し、不正請求書の防止や請求書の監督プロセスを改善するものです。

タイは他地域でもブロックチェーン技術を採用し始めています。 タイ銀行は、今年6月に銀行間取引をより迅速かつ安価にするために、ブロックチェーン技術を試行したと述べています。

また、7月にタイ債券市場協会と呼ばれる自主規制機関が、タイの社債決済をスピードアップするためのプライベートブロックチェーンシステムの開発を進めていると述べました。

この記事の翻訳元
Thai Government Trials Blockchain in Fight Against Tax Fraud – CoinDesk

Pocket

関連記事