ニュース

ブロックチェーンスマートコントラクトは金融法の支配下にある、と米先物取引委員会の読本に記載

Pocket

アメリカの金融規制機関のひとつである先物取引委員会(CFTC)は、スマートコントラクトを理解するための案内書の第二弾を発表し、その技術は金融法によってカバーされていることを再度通達しました。

火曜日に報じられたところによると、その案内書は同機関のフィンテック戦略であるLabCFTCの一部です。それは公式政策というよりもむしろ「教育読本」と評されていて、歴史、特徴、ケーススタディ、有用性や発覚しているリスクを含む、ブロックチェーンスマートコントラクトの基礎をカバーするものです。

スマートコントラクトのコンセプトは20年ほど前にコンピューターサイエンティストのNick Szaboによって発見されたと主張しながら、CFTCは、自立式プログラムだけが「供給される情報とそれを指示するマシンコード」と同じくらいスマートであるとも主張しています。

同機関によれば、スマートコントラクトには、取引にかかる時間とコストを削減し、取引先リスクや受渡リスクを低下し、セキュリティを向上するといったメリットがあります。しかし同時に、詐欺、操作、透明性と説明責任の低下と並行して、運営、技術、サイバーセキュリティに関するリスクのような困難も示されているとCFTCは述べています。

規制について、CFTCは、スマートコントラクトが関連する製品のタイプや有用性によって、商品取引法(CEA)やマネーロンダリング防止法(AML)を含む現存する法律の支配下にあることを指摘しました。

「現存の法律と規制は、契約がどのような形式をとっていようと平等に適用されます。コードで書かれた契約または契約の構成要素も、適用できる法律や規制の支配下にあります」とその案内書には書かれています。

投資家とその資金を守るため、すべての取引がCEAに従うことを保証する、と同機関は述べました。

LabCFTC戦略は昨年の5月に発表され、第一弾の案内書は2017年10月に発行され、そこには数々のユースケースとともに、その技術の基礎をカバーする仮想通貨について書かれていました。

スマートコントラクトのコーダーは、その技術を予測される「イベントコントラクト」とみなされる機能を作り出すことに意識的に利用するのであれば、彼らは責任を負うことになる、という警告を、CFTCの理事であるBrian Quintenzが発した丁度一か月後に、その案内書は発行されました。

この記事の翻訳元
Blockchain Smart Contracts Subject to Financial Laws, Says CFTC Primer – CoinDesk

Pocket

関連記事